このページのトップに戻る

シルキーズプラス『根雪の幻影』ミステリアスなヒロインをご紹介!

DH201506_nyge_02_01s

6月26日の発売に向けて期待が高まる、シルキーズプラス最新作『根雪の幻影』(以前の記事はこちら)。今回はそのミステリアスな本作を彩る、ヒロインたちを紹介しよう。

DH201506_nyge_02_02s
上乃院華穂(CV:春村さゆな)
主人公・重明のひとつ年上の恋人。日本人とフランス人のハーフで、スタイルよく学業も優秀。お嬢様としての環境から完璧に見られがちだが、意外にも趣味は漫画やアニメがメイン。霊感があるらしく、お化けが苦手。

DH201506_nyge_02_03s
藤木桔梗(CV:御苑生メイ)
白花荘の従業員であり、宿の女将・藤木藤子の実の娘。複雑な家庭環境から、一度も学校へ通ったことがなく世間知らずな一面を持つ。顔色ひとつ変えず淡々と真面目にペンションの業務をこなしている。

DH201506_nyge_02_04s
松原くす葉(CV:青井美海)
学生服でペンションに来ている女の子。明るくノリがよく、白花荘で出会った重明たちとすぐに意気投合する。彼氏いない暦=年齢であることを非常に気にしており、美男美女カップルの重明と華穂にとても興味津々。

DH201506_nyge_02_05s
藤木藤子(CV:伊東サラ)
白花荘のオーナーかつ桔梗の母。優しげだがどこか儚げで、怪しげな色香を放つ美人熟女。そんな彼女や娘・桔梗目当てで訪れる宿泊者は多い。以前、華穂が在学していた女学院の元寮母を務めていた。

DH201506_nyge_02_06s
撫子(CV:杏花)
白花荘がペンションになる前、学生寮の2階から転落死した少女。生前、物静かで積極的に人とは関わらなかったが、転校してきた華穂とは仲がよかった。彼女の死に関する経緯は不明のまま現在に至る。

複雑な家庭環境に生まれた桔梗やすでに死亡している撫子など、登場人物に謎が散りばめられているシルキーズプラス最新作。白花荘は、淫欲に満ちた裏の顔を持つという。そこで美少女たちが巻き込まれる、日常とは程遠いダークなストーリーとは!?

製品仕様

タイトル:根雪の幻影~白花荘の人々~
発売日:2015年6月26日予定
価格:8,800円(税別)
ブランド:シルキーズプラス
ジャンル:愛欲のサスペンスAVG
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM
原画:市川小紗/無職盗迷
シナリオ:あしずり岬

関連リンク
シルキーズプラス
関連記事