このページのトップに戻る

シリーズの謎が解き明かされる完結編『グリザイアの楽園』

DH201506_grrk_01_01s

「こんばんは、タナトスです」。アニメを見て気になったみんなに贈る『グリザイア』シリーズ特集。最後となる今回は、PSP版/PS Vita版『グリザイアの楽園』をご紹介!

以前の記事はこちら。
アニメの次はゲームをプレイ『グリザイアの果実』を今こそ紹介!
『グリザイアの迷宮』ゲーム版にはラブラブな恋人模様も!?

本作では『グリザイアの迷宮』のグランドルート「カプリスの繭」に続く物語と、雄二が転入する前の美浜学園の物語「プロローグ」が収録されている。

【完結編「ブランエールの種」】
雄二の過去が明らかになった「カプリスの繭」から続く物語。『グリザイアの果実』と『グリザイアの迷宮』で張られた伏線がひとつに束ねられ、シリーズ最大の謎が今明らかになる!

ちなみに、アニメ版での一姫の衝撃(?)ラストシーンはこの少し先のワンシーンのため、PSP版/PS Vita版にはない。PSP版/PS Vita版でプレイした人はアニメ版の最後に驚いたのでは? 一方ゲームの選択肢によっては異なる結末も用意されている。アニメで完結まで見届けたと思っていてもこれらも見ずして『グリザイア』のすべては語れない!?
DH201506_grrk_01_02s DH201506_grrk_01_03s DH201506_grrk_01_04s DH201506_grrk_01_05s DH201506_grrk_01_06s

【果実の前日譚「プロローグ」】
舞台となるのは、『グリザイアの果実』より少し前の私立美浜学園。学園設立当初から在学している榊由美子。そこへふたり目の生徒・周防天音が入学する。そうしてまたひとりひとりと生徒が増え、5人の少女たちの関係が築かれる様子が描かれる。

なお、アニメ版『グリザイアの果実』の第2話エンディングではこの物語のシーンが一部描かれていた。このようにプレイ後にアニメを見返してみると新たな発見がいくつもあって、新鮮な気持ちで楽しめるはず。
DH201506_grrk_01_07s DH201506_grrk_01_08s

さらに『グリザイア』シリーズのスピンオフ作品として発売された『アイドル魔法少女ちるちる☆みちる』の第1話が、このPSP版/PS Vita版『グリザイアの楽園』に収録されている。

しかもなんと! 『アイドル魔法少女ちるちる☆みちる』全編が楽しめるPS Vita版(以前の記事はこちら)は本日発売!! 第1話だけと言わず、こちらも合わせてプレイしよう。
DH201506_grrk_01_09s

3日に渡り魅力をお伝えしてきた『グリザイア』シリーズ。発売中のPSP版/PS Vita版では、人気イラストレーターの渡辺明夫氏とフミオ氏によるオリジナルのイベントCGがPC版から追加されている。そしておなじく発売中のPC版にはアダルトシーンの存在という重大な要素がある。どちらをやるかお好みで選ぶもよし、両方ともコンプリートするもよし!

これまで3部作をそれぞれ紹介してきたけれど、なんといってもシリーズ原点の『グリザイアの果実』をプレイしてほしい! 雄二を始めとしていろんな視点から描いた作品だからこそ、よりキャラクターの心情やストーリーが掘り下げられているのだから!! もちろんそのまま『迷宮』『楽園』『ちるちる☆みちる』と進めるのがベストな選択だ。

製品仕様

タイトル:グリザイアの楽園 -LE EDEN DE LA GRISAIA-
発売日:発売中
価格:PSP版4,800円(税別)/PS Vita版5,200円(税別)/PS Vitaダウンロード版4,600円(税込)
ブランド:プロトタイプ
ジャンル:アドベンチャー
年齢制限:全年齢/CERO:D区分(17才以上対象)
対応機種:PlayStation(R)Portable/PlayStation(R)Vita
原画:渡辺明夫/フミオ/ななかまい(SD)
シナリオ:藤崎竜太/桑島由一/かづや/鳴海瑛二

関連リンク
PSP&PS Vita版「グリザイアの楽園 -LE EDEN DE LA GRISAIA-」公式サイト
関連記事