このページのトップに戻る

その恋心は元々誰のもの? Lump of Sugar『コドモノアソビ』

DH201507_kdab_01_01s

主人公・丹生清澄は幼少の時に受けた呪い(ロール)によって、人生の岐路に立つと強制的に「選択」を迫られる身体となってしまった。以来彼は他人と関わることに消極的となり、常に面倒ごとから距離を置くように行動するようになる。

ある日清澄は突如、セーラという少女と出会った。この時彼女の説明によって初めて、どうして呪いが掛けられたのか、どうすれば呪いを解くことができるのかを知る。驚くべきことにセーラは呪いをかけた張本人で、彼女もまた副作用によって苦しんでいたというのだ。

「おまえが好きでおかしくなるところだった!」

セーラはもう何年もずっと、自分のものではない「恋心」を抱き続けてきたらしい。そして彼女は清澄に選択を迫る。

「ワタシは決めた。だから、丹生清澄。おまえも決めるんだ」
DH201507_kdab_01_02s DH201507_kdab_01_03s DH201507_kdab_01_04s

『コドモノアソビ』はキャラとエロを強く押し出したLump of Sugar最新作。本作では「選ぶ」という行為に縛られた主人公と、「選ばれた」ヒロインのかわいさとエロさが強調されていく。

主人公やヒロインたちは幼少期に「儀式」によって呪い……、ロールを与えられてしまった。清澄の場合は「強制される選択」だが、ロールの内容や発動条件はそれぞれ異なるうえに他者には確かめようがなく、ヒロインたちがどんなロールを持っているのかは推察するほかない。

儀式は異界の者を呼び出す。かつて呼び出されたのは人間離れした美しさの金髪ロリ巨乳・セーラ。彼女が代償とした得たある人物からの清澄への恋心は、なぜか消化されずにセーラの中に残り続けた。

よって本人の感情とは関係なく現在のセーラは、狂おしいほどの清澄への恋に駆り立てられてしまう。「もっと抱いてとか言いそうになるだろーがぁッ!」と彼女が叫ぶのは、消えない想いとの葛藤のせいらしい。

参加者一同のロールを解消し、セーラを恋心から解き放つには、儀式の契約を成立させた人間……つまり恋心の本来の持ち主を捜し当てる必要がある。恋心を返還すべく共に探索を開始する清澄とセーラ。ふたりは目的を達成できるのか、そして清澄に恋を抱いていた人物はいったい誰……?

製品仕様

タイトル:コドモノアソビ
発売日:2015年10月30日予定
価格:9,800円(税別)
ブランド:Lump of Sugar
ジャンル:恋愛ADV
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM
原画:萌木原ふみたけ/ななろば華/あにぃ/羽鳥ぴよこ
シナリオ:保住圭/しげた/保桜/水月紗鳥

関連リンク
Lump of Sugar
関連記事