このページのトップに戻る

抱き枕&フィギュア発売の『ものべの-happy end-』ゲーム紹介

DH201507_mbnf_01_01s

高知の山深い寒村、茂伸村へと6年ぶりに帰省した主人公・沢井透と、故郷のことをすっかり忘れてしまった妹の夏葉。懐かしい面々との再会を喜び、ふたりは夏のひとときを茂伸でのんびりと過ごしていた。

村に伝わる土着信仰「ひめみや流」の夏祭りの夜。夏葉は突然意識を失い倒れてしまう。翌朝目を覚ますと身長も体型も異常に成長していて……。
DH201507_mbnf_01_02s DH201507_mbnf_01_03s DH201507_mbnf_01_04s DH201507_mbnf_01_05s

いよいよ発売を迎える沢井夏葉のエッチなフィギュア、「ものべの 夏葉 いちごデコレーションVer.」(記事はこちら)。そのヒロイン沢井夏葉との恋愛ストーリーが楽しめる『ものべの-happy end-』を紹介しよう。

Loseから2012年に発売された『ものべの』に、各ヒロインが幸せへと至るエンディングが加筆され、さらに書き下ろしのアフターストーリーとエッチシーンが大幅に追加された『ものべの-happy end-』。本作では人と妖怪が共存する人里離れた田舎の村を舞台に、主人公が妹を襲う不思議な現象へと立ち向かうさまが描かれる。

ヒロインは明るく無邪気で兄想いの主人公の妹・沢井夏葉(CV:杏子御津)に、家守妖怪「あかしゃぐま」のすみ(CV:佐倉江美)、隣の家に住む幼なじみの有島ありす(CV:ヒマリ)。無邪気で素直な妹に、同い年の小さな身体の妖怪娘、成長して女の子になった幼なじみ、それぞれの魅力を日常からエッチまで余すところなく堪能できる。

さらに本編を進めていくと特別シナリオ集が解放。ストーリーとの合間に起こった知られざるエピソードが語られるシナリオ集では、ヒロインたちの他になんとありすのお母さん・菜穂子や妖怪の女の子たちとのエッチが楽しめる。

エッチシーンは本編とアフター合わせて計78シーン! メイドにお医者さんごっこなど多種多様なプレイが用意され、しかもその1回1回が濃密で濃厚なエッチとなっている。

夏葉フィギュアと夏葉抱き枕が発売、さらにすみのフィギュアも発表された『ものべの-happy end-』。グッズは興味あるけどゲームは未プレイ、そんな方はぜひ今こそ本作で彼女たちのかわいさを知ってほしい。

製品仕様

タイトル:ものべの-happy end-
発売日:発売中
価格:8,800円(税別)
ブランド:Lose
ジャンル:AVG
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM
原画:cura
シナリオ:進行豹/詠野万知子

関連リンク
Lose
関連記事