このページのトップに戻る

『せんせいあのね…』原画担当藤崎ひかりインタビュー

DH201508_ssan_02_01s

寝取られ少女を描く、エレクトリップの『せんせいあのね…』(以前の記事はこちら)。発売を前に原画を担当する藤崎ひかり氏に作品への想いをうかがった。作品紹介のプロデューサーコメントと合わせて、本作に全力で込められたスタッフの少女への情熱を感じとってほしい。

そんなもんソフ倫通るわけねーだろ! みたいなのばっかりで。(藤崎氏)

 

原画家&プロデューサー一丸
少女の笑顔を曇らせたくて

――本作の企画を最初に知った時の印象はいかがでしたか?
藤崎 大丈夫か? と思いました。ストレートに。最初にいただいた企画書はそのくらいすごい内容で。結局、ご時勢的に全然大丈夫ではなかったんですけど、そのまま出してたらきっと販売差し止めになってたと思います。

――元企画をお聞きしたいですが、おそらく掲載できないのでやめておきます。その後企画を進めるにあたっていかがでしたか?
藤崎 このお話をいただいた時、マンガの連載をしてたこともあってすごく忙しくて、本当はお断りするつもりだったんです。でも、れおまさんに「私の初めて(の企画の原画)はひかりさんしかいません!」って口説かれまして……そこまで言われたら引くに引けないじゃないですか。なんて情熱的なひとなんだ……って思いました。なんか騙された感がなきにしもあらずですが、きっと気のせいでしょう。

――藤崎さん、女性のセールスに気を付けたほうがいいですよ。
藤崎 で、実際に始まってみると。情熱的すぎて盛り込むアイデアが全部大丈夫じゃない…というかそんなもんソフ倫通るわけねーだろ! みたいなのばっかりで。

――実際通らなかったんですよね。
藤崎 いろんなものを描き直したりしましたね。主にグラフィッカーさんが。なのでれおまさんはグラフィッカーさんになにかおごった方がいいと思います。ちなみに僕はアホみたいに〆切遅れまくって調整で大変な思いをさせてしまったので、カニ道楽くらいおごらせていただこうかと思っております。

――ヒロインについてお聞かせください。まずは鈴原ゆいから。
藤崎 ゆいは僕の大好きな流され系気弱少女! 自分のせいで取り返しのつかないことになってしまい、自分を責めつつぐずぐずに泣き崩れる時の表情! これです! 好き! みんなも好きですよね? 見てね!

――藤崎さん想像以上に闇を抱えてますね……。いいと思います。鈴原ことりはいかがですか?
藤崎 ことりはずっと描いてきた某吸血鬼姉妹の妹によく似たキャラなので、こっちも僕の大好物です。こういう子はいい動きしてくれるので、もっといっぱい描いてあげたかった……。少ない中でもことりのエンディングともいえるイベントがあって、それはぜひプレイしてみてほしいですね!

――キャラデザインはどういった感じで進めたのでしょうか?
藤崎 デザインについてはれおまさんが「これ!」というのを持ってたので、僕はただそのままに描くだけでした。れおまPは大変優秀です!

――改めて、本作の魅力はどこにあると思いますか?
藤崎 本当に容赦なく、二重三重にヒロインのゆいが追い詰められていきます。それもジェットコースターではなく、ゆっくりゆっくり、信じてたモノをひとつひとつ目の前で壊していくように。ライトNTR属性の人にはしんどい内容ですが、だからこそ好きな人にはより深く楽しんでもらえるんじゃないかと思います!

――楽しみです。ただ、お話を聞いて電撃姫.com的に大丈夫か今更不安になりました。
藤崎 『せんせいあのね…』ぜひプレイしてみてくださいね! よかった、悪かった、使った、使えなかった、なんでも、どんなものでも、あなたが思って、感じてくれたなら、それに勝る喜びはありません。またいいものを、もっといいものを、提供できるようにがんばれます! ありがとうございました。

製品仕様

タイトル:せんせいあのね… ~寝取られ少女と放課後の体育倉庫~
発売日:2015年8月28日予定
価格:パッケージ版3,400円(税別)/ダウンロード版2,750円(税別)
ブランド:エレクトリップ
ジャンル:AVG
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM/ダウンロード
原画:藤崎ひかり
シナリオ:シャア専用◎

関連リンク
エレクトリップ
関連記事