このページのトップに戻る

戦略と戦術を繰り返す本格バトル!戦略SLG『戦御村正』

DH201509_sgmm_02_01s

徳川幕府が存続する皇国「日の本」を本拠地に美少女軍人たちと第二次世界大戦を戦う、げーせん18の戦略シミュレーションAVG『戦御村正』(以前の記事はこちら)。今回は人気SLG『大戦略』を土台とした自由度の高いバトルシステムについて紹介しよう。
DH201509_sgmm_02_02s DH201509_sgmm_02_03s

本作では「戦略マップ」と「戦術マップ」を繰り返してゲームを進行していく。まずはバトルパートの基本となるそのふたつについて紹介する。

【戦略マップ】
戦略マップでは兵器の開発や生産、敵拠点への進行や自拠点の防衛力の振り分けなど、戦闘準備が中心となる。1400種類以上ある兵器の中からどの武器を生産し、海軍陸軍のどちらにどのぐらい兵力を配置するなど、すべてプレイヤーの自由! また戦略マップでは、ヒロインとの交流を楽しむことが可能。
DH201509_sgmm_02_04s

【戦術マップ】
戦術マップでは、ターン制の戦略SLGが繰り広げられる。ヘックスと呼ばれる六角形のマス目上で、敵味方交互に移動や攻撃を行う将棋のようなシステムとなっている。勝利条件は敵部隊の全滅か、根拠地の制圧。駒である自軍の部隊を駆使して勝利へと導こう。
DH201509_sgmm_02_05s

続いては戦略マップと戦術マップ、どちらにも関係するゲーム内の重要な要素を説明する。

【石油資源】
戦術マップで戦闘に参加する部隊は、石油資源と軍資金により運営される。石油資源を有する拠点を獲得することで石油は増加し、石油資源が多いほど部隊を指揮する「士官」を多く配置できる。

【軍資金】
軍資金は支配拠点の量や質・治安によって増減し、戦闘機や戦車・艦船・空母などの兵器生産に必要となる。資源と資金の残量に気を配りつつ、自軍が有利となるように士官や兵器を配備しよう。

【士官】
部隊の指揮下に入れれば士官を戦闘に参加させることができる。戦闘に参加した士官はレベルが上がるにつれて、スキルを習得することも。ただし士官の配置には石油資源を消費し、士官を拠点に配置し続けると気力が低下して戦闘に参加できなくなる。(気力は休養を取ることで回復する)
DH201509_sgmm_02_06s

【兵器】
軍資金を使って、兵器は生産・開発・修理が行える。敵国が有する生産できない兵器も存在するものの、戦闘中に鹵獲することで手に入れることが可能。また一部鹵獲兵器をもとに開発が可能となる武器もあり、兵器は1000以上のバリエーションが用意されている。
DH201509_sgmm_02_07s

以上のように、幅広い要素を駆使してのSLGが魅力の本作。その他にも「建物制圧」や「捕虜」の自軍引き入れなどさまざまな要素が用意されている。詳しくは公式サイトからも確認してほしい。

製品仕様

タイトル:戦御村正
発売日:2015年10月30日予定
価格:通常版9,800円(税別)/豪華限定版版11,800円(税込)
ブランド:げーせん18
ジャンル:本格戦略シミュレーションAVG
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM
原画:止田卓史/緑色の心臓/悠樹真琴
シナリオ:春せつな/綺月鏡水

関連リンク
ユニコーン・エー
関連記事