このページのトップに戻る

Lose最新作『まいてつ』ご期待通りに只今出発! 

DH201510_mitt_01_01s

鉄道車輌を制御する人型モジュール・レイルロオド。旧帝鉄8620系蒸気機関車のトップナンバー機8620の専用レイルロオド・ハチロクも、他のレイルロオドと同様、大廃線に伴って廃用され長い眠りについていた。

主人公・右田双鉄(みぎた そうてつ)は大廃線による鉄道事故で家族を失くし、隈本県は御一夜市の焼酎酒造・右田家の養子となった。帝大へと進学した彼は、第二の故郷を工場誘致による水汚染から救うべく御一夜へ帰還。そこで偶然に黒髪の少女の姿をしたハチロクを目覚めさせて……。
DH201510_mitt_01_02s DH201510_mitt_01_03s DH201510_mitt_01_04s DH201510_mitt_01_05s DH201510_mitt_01_06s

話題作『ものべの』(以前の記事はこちら)を手掛けたLoseから、いよいよ最新作『まいてつ』の情報が明らかに! 今度は水資源中心の観光地・御一夜市を舞台に、レイルロオドのハチロクとともに鉄道の復興を目指していく。

レイルロオドとは、鉄道運用の管理に必要となる端末のこと。レイルロオドは1台で専用車両のすべてをこなせるように、整備点検用の人間形態と運航管理用の小さな人形形態のふたつのボディを駆使する。また、人間と同じとしか思えないような感情も持ち合わせている。

しかし万能かと思われたレイルロオドも作中すでに衰退を迎えている。現在はエアロ=クラフト社(通称:エアクラ)によって開発された、装着することで安全最適なオートパイロットを可能とする装置・エアクラナビが主流。なお、エアクラナビはレイルロオドと違って感情も身体も持たない。

主人公は故郷へのエアクラ関連工場の誘致を阻止したい。ハチロクは行方不明の専用車8620を探し出して復活させたい。異なる野望を抱くふたりはそれぞれの目標を達成するために手を取り合って進んでいく。

そんなストーリーもさることながら、原画家cura氏×シナリオ進行豹氏コンビの再来ということでロリ少女ハチロクがどんなかわいい姿を見せてくれるのか気になるところ。その他にも登場する魅力的なヒロインたちは次回の記事で紹介予定! お楽しみに。

製品仕様

タイトル:まいてつ
発売日:2016年3月25日予定
価格:9,800円(税別)/まいてつ&ものべの 仲良しセット15,800円(税別)
ブランド:Lose
ジャンル:e-motionノベル
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM
原画:cura
シナリオ:進行豹

関連リンク
Lose
関連記事