このページのトップに戻る

ふたつの世界を繋ぐ恋。Hearts最新作『ナツイロココロログ』

DH201511_nikl_01_01s

私立芦ノ宮学園に通う主人公・臣苗嘉人(おみなえ よしと)は、先輩の名城綺新(なぎ きさら)に格闘ゲームで負け、彼女が作る「電脳研究部」に入部させられてしまう。

夏休みに入ったある日、電脳研究部の顧問・梅宮香奈恵に頼まれて開発中の恋愛シュミレーションゲームのテスターをすることになった嘉人。ところがそのゲームに登場するヒロインたちとは、電脳研究部の女子部員たちが動かすアバターで……?
DH201511_nikl_01_02s DH201511_nikl_01_03s DH201511_nikl_01_04s DH201511_nikl_01_05s

白もち桜氏が原画を務める、Hearts 3rd Project『ナツイロココロログ』。本作では現実世界と電脳世界、ふたつの世界で違った姿を見せる女の子との恋愛模様が描かれる。

ヒロインと現実で家族や友人として接する中、電脳世界では恋のお相手として時間を過ごすこととなる。ところが電脳世界に登場する電脳研究部の女の子たちは、恋愛対象となるキャラクターが主人公だとは知らされていない。彼女らは恋愛対象のキャラクターを主人公の性格をコピーされたAIだと思っている。

だからヒロインたちは、主人公に対して「秘めている感情」を表に出して接してくる。彼女たちはまるで自室でぬいぐるみに接するように、人前では見せないだだ甘なかわいい一面を見せてくれるのだ! さらにアバターには「理想の自分」の姿を反映させている点からも、建前抜きの本当の女の子を知ることができる。

このように電脳世界の女の子たちはかわいい。だがしかし現実世界の彼女たちを知っているからこそ、それは輝くというもの。現実世界のちょっぴり素直になれない「表の女の子」と電脳世界のだだ甘な「裏の女の子」、ふたつの世界の女の子を見比べてギャップに悶えてほしい!

例えば現実では主人公に対して強気な幼なじみ・常磐久遠(ときわ くおん)は、ゲーム内では清純派でおとなしいお姫さまの姿にチェンジ。すると主人公の手に触れるだけでドギマギするウブな反応を見せてくれる。
DH201511_nikl_01_06s1
※クリックすると、電脳世界のアバター姿になります。

海や夏祭りなど現実世界の夏休みを満喫しつつ、電脳世界でも「普通じゃない夏休み」が楽しめる本作。ふたつのかわいい姿を見せてくれるヒロインたちと、ひと夏の思い出を作ろう!

製品仕様

タイトル:ナツイロココロログ
発売日:2016年5月27日(金)
価格:9,800円(税別)
ブランド:Hearts
ジャンル:AVG
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM
原画:白もち桜/ぺろ(SD)
シナリオ:にっし~/樹原新/藤井リルケ/仙道佳帆

関連リンク
Hearts
関連記事