このページのトップに戻る

人気作家・竜騎士07が呪いを描く和風伝奇AVG『祝姫』

DH201512_iwih_01_01s

煤払家の男子は代々、一定の歳を迎えると親元を離れて独り立ちする。主人公・煤払涼(ススハラ スズム)もまた、高校2年生でひとり暮らしを始めるにあたって県立須々田高校に転入することになった。

涼が所属することとなったのは、誰もが楽しげに過ごす2年A組。しかし、彼女。黒神十重(クロカミ トエ)だけは違った。不思議……という言葉だけでは説明がつかない少女。胸には片時も離すことなく、薄気味悪い日本人形のようなものを抱えていた。

そんな彼女との出会いは運命だったのかもしれない……。
DH201512_iwih_01_02s DH201512_iwih_01_03s DH201512_iwih_01_04s DH201512_iwih_01_05s

DMMゲームス初のオリジナルアドベンチャーゲーム『祝姫』。本作は『ひぐらしのなく頃に』の原作者・竜騎士07氏が構想から約3年をかけて執筆した完全新作だ。

「呪い」をテーマに描かれた渾身のシナリオを彩るのは、美麗なCGに定評のある原画家・和遥キナ氏と世界観の魅力を引き出す背景作家・mocha氏。この両名によって、竜騎士07氏が紡ぐ美少女×和風伝奇の独特の世界が表現される。

物語の舞台は須々田という名の土地。その地には飢饉に苦しんだ信心深い村人たちが祈りを捧げると鹿神比古命が金の鹿を遣わし祝福の煤を撒いて村を栄えさせた、という「鹿神比古命の伝承」が残っている。

かつては煤田とも呼ばれたこの土地で、涼はさまざまな人と出会う。同級生で親戚の春宮椿子(CV:本多真梨子)や、上級生の自覚が全くない先輩・美濃部鼎(CV:大坪由佳)、現役高校生アイドルの後輩・布川莉里杏(CV:ブリドカットセーラ恵)、そして黒神十重(CV:赤崎千夏)。

主人公と彼女たちとの出会いが永きに渡る宿命を加速させ、呪いの物語が幕を開ける……。
DH201512_iwih_01_06s DH201512_iwih_01_07s DH201512_iwih_01_08s DH201512_iwih_01_09s

製品仕様

タイトル:祝姫(いわいひめ)
発売日:2016年1月29日予定
価格:パッケージ版7,800円(税別)※コミックとらのあな独占販売/ダウンロード版4,800円(税別)※DMM.com独占配信
ブランド:DMMゲームズ
ジャンル:アドベンチャーノベル
年齢制限:全年齢
メディア:ダウンロード専用
キャラクターデザイン/原画:和遥キナ
背景:mocha
シナリオ:竜騎士07

関連リンク
祝姫公式サイト
関連記事