このページのトップに戻る

ライバルと秘宝を奪い合う『珊海王の円環』の戦略SLGシステム!

DH201512_skoy_03_01s

どんな願いも叶える珊海王の遺産を求め、6人の主人公たちが海を駆ける戦略級シミュレーションゲーム、エウシュリーの最新作『珊海王の円環(さんかいおうのゆびわ)』。今回は舞台ルノーシュ地方において勢力を伸ばす上で必須となる、本作のシステムについて紹介しよう。

本作の以前の記事はこちら。
エウシュリー最新作は秘宝を求めて海を駆ける『珊海王の円環』
個性豊かな6人の中からどの主人公を選ぶ?『珊海王の円環』

【ゲームの基本】
6人の中から選択した主人公を操って、ライバルとなるその他5人が持つ円環を手に入れるのが本作の目的となる。相手を屈服させるため「各地の資源を集める」→「資源を使って船を鍛え、兵を雇う」→「戦果を上げ続け、相手の支配力(後述)を0にする」という流れが基本のサイクルだ。
DH201512_skoy_03_02s

【支配力】
チーム全体の耐久値。戦闘で勝利するなどで相手の支配力は少しずつ低下し、ゲージを0にすれば円環を奪える。逆に主人公側が0にされるとゲームオーバー。そうならないよう各地で入手した資源を使って兵を雇い入れ、敵勢力より優れた軍隊を育てていかねばならない。
DH201512_skoy_03_03s

【全体マップ】
各勢力は母船を操り、400に区切られた海路上を移動する。母船は重要な拠点のため敵の攻撃を受けにくい航路選択は必須。マップ上には商船や怪物も徘徊しているので、戦闘や買い物も発生することに。
DH201512_skoy_03_04s

【軍の派遣】
陸地では船から部隊ユニットを上陸させて資源を回収できる。ただし母船に戻るまでに資源を敵に奪われることもある。欲張り過ぎると財宝の匂いを嗅ぎつけたライバルや、それ以上に危険な存在が姿を現すかも……。
DH201512_skoy_03_05s

【戦闘について】
海路上で敵勢力とぶつかると、各地形に沿った戦闘フィールドの画面に移行する。最初に「総力戦」や「全軍撤退」といった全体の作戦を決めておき、部隊は作戦やユニットの性格に応じて自動的に戦闘開始となる。
DH201512_skoy_03_06s

【円環魔法】
珊海王が遺した円環は魔法の力を持ち、保有者は魔法を行使できる。この魔法で部隊への攻撃や支援が可能だが、当然ライバルも円環の力を使用してくるためそれを封じる駆け引きも必要となる。なお使える魔法は円環によって異なり、相手から手に入れることで魔力や新魔法を獲得できる。
DH201512_skoy_03_07s

【部隊ユニット】
海賊やオークのような弱いユニットは9人で1部隊、戦闘力の高い指揮官系ユニットはひとりで1部隊に設定される。ひとりのユニットに対して3人からの攻撃までしか反映されないため、それ以上の人数がいても攻撃できない。したがってひとりの指揮官系ユニットを使って9人部隊と戦うと、相手は3人しか攻撃できず有利に戦える。逆に能力の高い3人部隊が敵だと相手は戦力をフルに使えて不利。部隊の関係は以下のように3すくみとなる。
DH201512_skoy_03_08s

製品仕様

タイトル:珊海王の円環
発売日:2016年春予定
価格:未定
ブランド:エウシュリー
ジャンル:戦略級シミュレーションゲーム
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM
原画:やくり/夜ノみつき/うろ
シナリオ:藤原組長/八雲意宇/如月聖

関連リンク
エウシュリー
関連記事