このページのトップに戻る

『恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~』。紫法院学園を始めとした用語を紹介!

DH201601_ksbs_04_01s

AXL人気作『恋する乙女と守護の楯』の続編作品、「シールド9」の異名を持つエージェント主人公・如月修史がふたたび女装して女学園に潜入する『恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~』。発売が迫る今回は本作を楽しむうえで押さえておきたいキーワードを紹介しよう。

本作の作品紹介記事はこちら。
AXL『恋する乙女と守護の楯』続編発表。今度も女装で潜入任務!
『恋する乙女と守護の楯』続編の女学園に登場するヒロインを紹介
『恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~』早期予約特典に複製色紙!

紫法院学園
セント・テレジア女学院とならぶ由緒正しい女学園。かつては東のテレジア、西の紫法院と称され、多くの淑女を世に送りだしていた。ところが、少子化やバブル崩壊などを経て10年ほど前に一度、廃校の危機にさらされる。その時、複数の出資者たちによってなんとか持ち直した。
DH201601_ksbs_04_02s

理事会
学園を立て直した出資者たちで構成される意思決定機関。理事会は学園のブランド化を推し進める革新派と、伝統を守る保守派とで内部に対立がある。近年は学園の経営方針を見直していて、良家の子女だけではなく一般の生徒も多く受け入れるようになった。
DH201601_ksbs_04_03s

淑女同盟
おもに良家の子女たちからなる学生組織。かつては生徒会としての役割を担っていたが、今では家柄のよいお嬢様やその取り巻きたちのサロンになっている。とはいえいまだにその発言力は高く、本人たちも「自分たちが学生の代表」というつもりでいる。
DH201601_ksbs_04_04s

学園委員会
現在の実質的な生徒会。学園行事の運営などを取り仕切っている。一般入試で入学した生徒が多く、真面目で優秀な学生ばかり。お互い「学生の代表」と思っているため、淑女同盟とは対立関係にある。
DH201601_ksbs_04_05s

警備会社アイギス
主人公の所属する、一般家庭から一流企業まで幅広く警備を行っている有名な警備会社。しかし裏では警察を信用できない特殊な要人のための護衛を請け負っていて、場合によっては銃器による武装も行うこともある。
DH201601_ksbs_04_06s

その他にも何者かが学園に送りつけてきた「脅迫状」に、優秀な人が選ばれる「特別奨学生」など、気になるワードが多数存在する。それらが示す意味はぜひ本作をプレイして確認してほしい。
DH201601_ksbs_04_07sl DH201601_ksbs_04_08s DH201601_ksbs_04_09s

製品仕様

タイトル:恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~
発売日:2016年1月29日予定
価格:8,800円(税別)
ブランド:AXL
ジャンル:AVG
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM
原画:瀬之本久史
シナリオ:長谷川藍

関連リンク
AXL
関連記事