このページのトップに戻る

閉ざされた孤島で、女を愛するも辱めるも思うがまま『瑠璃の檻』

DH201601_rrni_01_01s

予備校講師を務める主人公・旺辺流人(おうべ りゅうと)。彼は教え子の多湖浦華那(たごうら かな)と恋仲になった結果、財界の実力者である華那の父親に「娘を傷物にした」という理由で海の底に沈められてしまう。

その後、彼が目を覚ましたのは自室の布団の上。なぜか目の前には兄と結婚した女性の妹・摩州水樹(ましゅう みずき)の姿があった。水樹と唯一の接点となる兄夫婦は一ヶ月前に事故で死亡しているというのにだ。

そして水樹から、流人はある頼まれごとをされる。亡くなったふたりに代わって摩州家を継ぐため、波手乃島(はてのしま)で自分と婚姻の儀を交わしてほしいと……。
DH201601_rrni_01_02s DH201601_rrni_01_03s DH201601_rrni_01_04s DH201601_rrni_01_05s DH201601_rrni_01_06s

SkyFishの最新作『瑠璃の檻《ルリ・ノ・イエ》-DOMINATION GAME-』は古き神が眠る孤島を舞台に、島で暮らす者を操る力を得た主人公が支配者として暗躍するダークミステリー。

波手乃島で婚姻の儀を交わしたことから、主人公の運命は一変する。儀式によって島に眠る神の後ろ盾を得た彼は、住人たちの意識を操ったりちょっとした奇跡を起こしたり、なんでも叶う力を手に入れ島の支配者となった。

しかし支配者には強い力と引き換えに義務が課せられる。それは、神を奉る島の住民たちの子をなす母体を支配者が捧げ、彼らの血筋を残すこと。つまりは6人のヒロインの中から島民への花嫁として生贄を差し出さなければならない

花嫁となった女性は、島の男たちを相手に一方的に辱められ子作りをさせられる。そんなことは許せない、と思おうが思うまいがヒロインを生贄にしなければ万能の支配者であり続けられない。さもなくば島民は別の支配者を求め、支配者は神の生贄になってしまう。

生贄の候補となるヒロインは、主人公と婚姻の儀を交わした水樹。水樹の幼なじみで彼女を守ろうとする璃々。島の神社の宮司を務めるトラブルメーカー・美夜子。再開発を目的に島に訪れた役人・伊万里。伊万里の妹で、霊感が強い人に見えないモノが見える紗也。主人公と恋仲にありながら、彼を裏切った令嬢・華那。

どの娘を生け贄に捧げどの娘をみずからのものとするか。従順なヒロインを思うままに愛でるも敵対するヒロインを陥れて島民たちの慰み者にするも、彼女たちの運命はあなたの選択次第。閉ざされた孤島の中、女たちを生かすも殺すもすべてがその手にあるとしたら、あなたはどうする……?

製品仕様

タイトル:瑠璃の檻《ルリ・ノ・イエ》-DOMINATION GAME-
発売日:2016年5月27日予定
価格:8,800円(税別)
ブランド:SkyFish
ジャンル:ダークミステリーADV
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM
原画:こばぴょん/クマトラ/田丸まこと/伊藤第九(男性キャラ原画)/甲壱(モンスター作画)
シナリオ:弘森魚/他

関連リンク
SkyFish
関連記事