このページのトップに戻る

姫に仕える執事生活をPS Vita&PS4で! 『執事が姫を選ぶとき』

DH201601_saet_01_01s

世界中のお嬢さまたちが通う、私立桂ノ宮学園。執事特待生コースへ編入した主人公・椿尚弥はそこで、 「5人の薔薇姫(サンク・ローゼズ)」と呼ばれる超セレブお嬢さまと出会う。「冷血の薔薇姫」に「気まぐれの薔薇姫」「戒律の薔薇姫」「秀麗の薔薇姫」「太陽と月の薔薇姫」。

はたして姫(あるじ)は強気なお嬢さまか、おねだりお嬢さまか? 彼女たちに仕えながら、無事に執事特待生として卒業できるのか? お嬢さまに振り回される見習い執事の学園生活が今、始まる――。
DH201601_saet_01_02s DH201601_saet_01_03s DH201601_saet_01_04s DH201601_saet_01_05s

2013年にPeasSoftよりPC版が発売された『執事が姫を選ぶとき』が、TGLよりPlayStation(R)Vita&PlayStation(R)4用タイトルとして登場。「セレブなお嬢さまに仕える生活」をテーマに、さまざまな魅力を持った姫(あるじ)に仕えながら主従の絆や恋を育んでいく。

主人公が仕える姫は、「冷血の薔薇姫」の異名を持つ完全無欠の高飛車お嬢さま・アメリア=ローズ=ブレッティンガム、クールな表の顔と甘えん坊な素顔を持つ「太陽と月の薔薇姫」・桂ノ宮沙耶、文武両道で一本気な「秀麗の薔薇姫」・真姫=ゴールド=ウィーンバーグ、気弱で男性が苦手な「戒律の薔薇姫」・ベロニカ=ルーベンシュタット、いたずら好きで自由気ままな「気まぐれの薔薇姫」・一乗寺由良の5人のうちから選ぶことになる。

5人の姫はそれぞれ違う魅力を持っていて、どの子に仕えても充実した学園生活を送ることができる。クールなお嬢さまに厳しくされたり、妹みたいにべたべた甘えられたりと、姫たちの隠された素顔を見られるのはそばでお世話する執事だけの特権。強気なお嬢さまにお仕置きされるか、それともおねだりお嬢さまを躾けるのか。はたまた高飛車なお嬢さまがふたりっきりになった途端に優しくなる……なんてギャップも楽しめるかも。まだ見ぬ執事ライフは夢と希望にあふれている!

なお初回限定版および通常版に関してはPS Vita版のみとなっているが、ダウンロード版にはPS Vita版とPS4版の両方が用意されている。PS4でお姫さま方と過ごしたい! という執事の皆さんはダウンロード版を選ぼう。

製品仕様

タイトル:執事が姫を選ぶとき
発売日:2016年2月25日予定
価格:初回限定版 5,980円(税別)/通常版 4,980円(税別)/DL版 3,980円(税込)
ブランド:TGL
ジャンル:学園アドベンチャー
年齢制限:全年齢/CERO:C区分(15才以上対象)
対応機種:PlayStation(R)Vita/PlayStation(R)4(DL版のみ)
原画:さとーさとる/あんころもち/柚木ガオ(SD原画)
シナリオ:神野マサキ/望月JET

関連リンク
執事が姫を選ぶとき
『執事が姫を選ぶとき』PlayStation(R)Vita版 体験版
『執事が姫を選ぶとき』PlayStation(R)4版 体験版
関連記事