このページのトップに戻る

星を取り戻す逆襲劇『シルヴァリオ ヴェンデッタ』がPS Vitaで登場

DH201602_svvo_01_01s

西暦2578年──世界は第五次世界大戦により崩壊した。そして約1000年後の新西暦1027年、未曾有の災禍に燃え盛る街で、ゼファー・コールレインはひとりの少女と出会ってしまった。

これは英雄(ヒカリ)の物語ではない。これは敗者(ヤミ)の物語。一度逃げ出した男が自分の星を取り戻すべく、足掻き抗う物語。それを導くは死に包まれた少女の囁き。冥界の底で死想恋歌(エウリュディケ)は吟遊詩人(オルフェウス)へと愛を告げる。

「──『勝利』からは逃げられない。さあ、逆襲(ヴェンデッタ)を始めましょう」
DH201602_svvo_01_02s DH201602_svvo_01_03s DH201602_svvo_01_04s DH201602_svvo_01_05s

2015年に発売されたlight15周年記念作品『シルヴァリオ ヴェンデッタ』が、新たな要素を追加してPlayStation(R) Vitaで登場。その名も『シルヴァリオ ヴェンデッタ─Verse of Orpheus─』

プラットフォームの変更にともない、PC版のシナリオに新たな3本の外伝シナリオが追加される。今回は外伝シナリオの内容などPS Vita版だけの新要素を紹介しよう。本編のキャラクターや世界設定については次回以降の記事で解説する。

【完全新規となる3つの短編】
「英雄譚/Titanomachy」
新西暦1028年、帝国アドラーを震撼させたアスクレピオスの大虐殺。血と屍と炎の中、あらゆる犠牲を対価として運命が一人の男を英雄へと新生させた。ヴァルゼライドと二体の魔星、彼らの演じた死闘の真実が明かされる。

「哀しき錬金術師/Alchemist」
「呪わしいよ、死想恋歌(エウリュディケ)。おまえが誕生しなければ……」運命に翻弄された敗北者、ヘルメス-No.δ(デルタ)。彼が如何なる変遷を経てヴェンデッタへの愛を育み、銀の人狼(リュカオン)と友情を紡ぐことになったのか。その出会いと軌跡が今綴られる。

「継承と、創造と/Legacys」
冥王と神星の激突、聖戦の崩壊から約十ヵ月後の帝都。師の工房を継ぎ穏やかな生活を送っているミリィのもとへ、チトセからあるひとつの依頼が舞い込むことに……ヴェンデッタルートの後日談を描く、未来へ続く新たな物語が今ここに。

【キャラクターステータス鑑賞】
PS Vita版ではPC版の初回特典設定資料集に掲載されていた登場キャラクターのステータス表がゲーム内に組み込まれ、プレイ中に常時閲覧できる。物語をより深く知る資料として力になってくれるだろう。

本作をキャラアニ.comで購入すると、特典として以下のオリジナルブロマイドが付属。ぜひ予約してミリィとチトセのイラストをゲットしよう!
DH201602_svvo_01_06s
<<「キャラアニ特典付き」ご購入はこちら!>>

製品仕様

タイトル:シルヴァリオ ヴェンデッタ─Verse of Orpheus─
発売日:2016年3月31日予定
価格:初回限定版8,800円(税別)/通常盤、DL版6,800円(税別)
ブランド:light
ジャンル:AVG
年齢制限:全年齢/CERO:D区分(17才以上対象)
対応機種:PlayStation(R)Vita/PlayStation(R)VitaTV
原画:KeG/夕薙
シナリオ:高濱亮/昏式龍也/無義歩

関連リンク
シルヴァリオ ヴェンデッタ─Verse of Orpheus─
関連記事