このページのトップに戻る

ひと夏の誘拐と監禁と暗い秘密の物語。CLOCKUP『夏ノ鎖』

DH201602_ntnk_01_01s
主人公・尾久野晋二は、特にはっきりした理由もなく日々の鬱屈を溜め込んでいる学園1年生。彼は灰色の日常を変えるため、とある計画を立てる。

彼が企てたのは、近所に住む同い年の女子学生の誘拐そして、監禁――。白く輝くような夏休みなどいらない。ほしいのは、女の悲鳴と絶望で黒く塗りつぶされた日々のみ。ほんの少しの偶然と勘違いが、深く交わるはずのなかったふたりの人生を交差させる……。DH201602_ntnk_01_02s
CLOCKUPの最新作『夏ノ鎖』には、思春期の主人公がヒロインを誘拐、監禁、そして調教するひと夏の凶行、そして支配の過程と監禁する側される側両者の変化が克明に描かれる。

主人公の計画のターゲットに選ばれたのは、彼と同い年のヒロイン・白井美月(CV:葵時緒)。黒髪の美少女で、学園1年生ながら大人びた空気をまとっている。比較的裕福な家庭に育ち、家族関係も円満。主人公と家が近所のため小・中学は同じ学校だったが、現在はバイオリニストを目指して私立学園の音楽科に通う日々を過ごす。
DH201602_ntnk_01_03s

登場するヒロインをひとりに絞り、彼女との濃厚な関係を描く本作。どこにでもいる鬱屈した衝動を抱える少年がある夏の日、大人びたヒロインに逆恨み的な激情を向けて支配下に置こうとする

さらに監禁生活の中では、美しい少女の食事から排泄まで生きることに関するすべてを支配・管理することとなる。これまでほとんど会話も交わしたことのなかった男女が、排泄まで管理する間柄へと変化する。なんともロマンチックな恋愛模様ではなかろうか。

幸福な日々を過ごしてきた美月……何の罪もない優しい女の子が突然、理不尽にも暴力に晒される。一方で時に、暴力では思うようにならないことだってある、場合によっては彼女が死亡してしまうこともあり得るのだ。

思春期特有の痛みを孕む捻れたディスコミュニケーションの先に待つ結末とは? 輝かしい白はない、しかしながら出口皆無の暗黒でもない。これはナイーブで灰色な、青春&監禁物語。

製品仕様

タイトル:夏ノ鎖
発売日:2016年3月25日予定
価格:パッケージ版4,400円(税別)/ダウンロード版3,800円(税別)
ブランド:CLOCKUP
ジャンル:灰色の日常を覆す女子学生姦禁屈従ADV
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM/ダウンロード
原画:のりざね
シナリオ:浅生詠

関連リンク
CLOCKUP
関連記事