このページのトップに戻る

いよいよ今月発売『まいてつ』。今回は鉄道少女れいなたちを紹介!

DH201603_mitt_01_01s

原画家cura氏×シナリオ進行豹氏の『ものべの』コンビがが手掛けるLose待望の新作『まいてつ』

本作の以前の記事はこちら。
Lose最新作『まいてつ』ご期待通りに只今出発!
今度のロリ娘は鉄道を動かす端末!? Lose新作『まいてつ』
『まいてつ』と『ものべの』がセットに!さらに豪華すぎる予約特典も
少女型の鉄道管理端末とともにいられる『まいてつ』の世界
『まいてつ』のヒロイン、ハチロクたちの人物像に深く迫る!

少女型の鉄道管理端末・レイルロオドと、いまだ鉄道の残る観光地・御一夜市でレイルロオドと関わりつつ暮らす人々が描かれる本作。今回は前回のヒロイン紹介でも少し触れている、レイルロオド・れいなをはじめとした登場人物たちを紹介しよう。

れいな(CV:杏子御津)
御一夜鉄道キハ07S専用レイルロオド。市長で相棒の、雛衣ポートレットによって「れいな」と名付けられた。「ガソリン気動車がディーゼル改造されたため、高出力に足回りが追い付かない」という車両・キハ07の特徴と同じく、本人もやる気に体力が追い付かず突然ぱたんと眠ってしまう癖がある。おっとりとした性格で、すべての人間に好意を持つ天然の甘え上手。水筒で軽油を持ち歩いて、仕事の合間にちびちびと飲んでいる。
DH201603_mitt_01_02s

右田真闇(みぎた まくら)(CV:かわしまりの)
主人公・双鉄の姉。隈元弁を喋る優しげな雰囲気のお姉さんであり、卓越した酒造りのセンスを持つ、焼酎蔵・右田一酒造元の職人。加えて地元商工会から相談を受けるほど経営手腕にも優れる。実は初対面以来ずっと双鉄に惹かれ、「双鉄が幸せになること」を第一に考えている真闇。そのためならばどんな悪事をも行う覚悟はあるものの、そんな本性を持つ自分では彼を幸せにできないと一歩引いた立場で見守る。
DH201603_mitt_01_03s

宝生稀咲(ほうしょう きさき)(CV:上田朱音)
エアクラ工場誘致運動の旗振り役である、隈元銀行頭取・宝生元忠の一人娘にして同行御一夜支店長。御一夜市育ちだが隈元弁は使わず標準語で話し、お嬢さま扱いをされるのを嫌うあまり一人称は「ボク」。父同様に御一夜市の衰退を危ぶみ、工場誘致が最善の道であると信じ邁進している。稀咲にとって鉄道は「前世紀の遺物」。また、都会的な彼女は双鉄の妹・日々姫にとって憧れの対象で、「お姉さま」と呼ばれ懐かれている。
DH201603_mitt_01_04s

早瀬ふかみ(はやせ ふかみ)(CV:佐倉江美)
病弱な母に代わって御一夜の観光資源・クマ川下りの運営を務める少女。父が船頭を務める船に乗るのが大好きで、いつも空席に紛れ込んで読書をしていた。父が亡くなり存続の難しい状況となった今はクマ川下りを立て直すため、みずから川下りの船頭・ともはりを志す。しかし運動がそれほど好きでなかったふかみに船頭はともかくともはりまで務めるのは荷が重く一時は挫けてしまう。が、そこに声をかけた人物こそ同級生の凪。
DH201603_mitt_01_05s

蓑笠凪(みのかさ なぎ)(CV:早瀬ゃょぃ)
鍛冶屋・蓑笠穣の孫娘にして元気いっぱいの剣道少女。「段を取ったら祖父に真剣を作ってもらう」という物騒な夢を持ち、剣術修行と称した無茶を繰り返している。修業の一貫で訪れたクマ川で、急流に挑んでいたふかみに「面白そうばい!」と、自分にも船頭をやらせてほしいとせがむ。クマ川急流下りのすべてを知り尽くすふかみと、類まれなる運動神経を有する凪。ここに最高の船頭&ともはりコンビが誕生した。
DH201603_mitt_01_06s

製品仕様

タイトル:まいてつ
発売日:2016年3月25日予定
価格:9,800円(税別)/まいてつ&ものべの 仲良しセット15,800円(税別)
ブランド:Lose
ジャンル:AVG
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM
原画:cura
シナリオ:進行豹

関連リンク
Lose
関連記事