このページのトップに戻る

人々の想いで来たぞ我らのエロピンチ『想聖天使クロスエモーション』

DH201603_stce_01_01s

天野奈々子と四封堂葵は「想聖天使クロスエモーション」に変身し、欲望のままに暴走する怪物「イドム」相手に華麗な勝利を重ねてきた。

その活躍は常に、人々の想いを力にする変身システム・EMアームズを存分に発揮するべく様々なメディアを通じて届けられる。

信頼と熱意が生み出すふたりの最強ヒロイン。だがたった一度の敗北が彼女たちの未来に大きな影を落とすことになる。
DH201603_stce_01_02s DH201603_stce_01_03s DH201603_stce_01_04s DH201603_stce_01_05s

TOUCHABLEの最新作『想聖天使クロスエモーション』は、人々の想いを力の源とする想聖天使の敗北を楽しめる変身ヒロインモノ。

本作のキーワードはエモーション。ヒロインたちが装着する「EM(エモーショナル)アームズ」は精神力、つまり想いをパワーソースとしている。人々から声援を送られ、勝利によって信頼を得ることで、EMアームズの装着者・想聖天使クロスエモーションは最強無敵の存在となるのだ。

しかし送られる想いが応援ではなく疑念や不信。もっと言えば「負けろ」「エッチな姿を見せろ」といったものだったら? うん、いいところに気付いたね。実は一見無敵の装備に思えるEMアームズには、卑猥な想いがヒロインを弱体化させたりいやらしくさせてエロピンチを招くという問題がある。

悪と戦わないければいけないのに僕らの想いによって、エッチな姿になったり発情したり、勝利どころではなくなってねちねちなぶられたり。

すると善良な市民はこう思うだろう。「正義のために戦うヒロインがなんてことを!」。そうして力を得られなければ、彼女らはまた敗北してしまい屈辱的な姿を晒すことになる。

正義のために戦いたいのに、守るべき人々の欲望が邪魔をする。それでも少女たちは決して逃げない。敵に醜悪な欲望をぶつけられても、恥ずかしい痴態を衆目に晒しても、そして戦いの最中に人々の辛辣な想いをぶつけられても。

発情した肉体を必死に奮い立たせ、想聖天使クロスエモーションは今日も正義のために戦う。僕らはエッチなシーンを期待して、今日も彼女たちの戦いをただ、眺める。

製品仕様

タイトル:想聖天使クロスエモーション
発売日:2016年3月25日予定
価格:初回版7,800円(税別)
ブランド:TOUCHABLE
ジャンル:触手淫辱バトルADV
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM
原画:スミスミ
シナリオ:黒井弘騎/大杉和馬/ADU

関連リンク
TOUCHABLE
関連記事