このページのトップに戻る

『魔装の国のアリス』の世界はエロス&ファンタジーで満載

DH201603_mkal_01_01s

『不思議の国のアリス』の世界をモチーフにした変身ヒロイン物語、わるきゅ~れの最新作『魔装の国のアリス』

本作の記事はこちら。
少女は恥辱に耐え、魔物を封印するべく戦う。『魔装の国のアリス』

おとぎ話のようなファンタジックな世界を舞台に、壮大で不思議な淫辱物語が紡がれる本作。今回は王国を守る使命を帯びた魔法少女・アリスをはじめとした、本作の世界設定、数々のキーワードを紹介しよう。

【ラトウィット】
現実とは異なる世界にある魔法の国。どこに繋がっているかわからない、ジャバウォックが住まう「穴」を監視する役割を担う。魔装の鍵と呼ばれる、特殊な封印の力を持った鍵を作り出せる女王が代々統治している。

【穴】
上に向かって吸い込まれるように開いた空の穴。かつて勇者と仲間の魔法使いがここに魔王を封印したと言われている。9年周期で世界のどこかに開き、アリスになった者はそれを封印する使命を受ける。

【ジャバウォック】
穴に閉じ込められている混沌の化身。封印の隙間から触手のようなものを伸ばし、穴の周辺に手下の魔物・バンダースナッチを送り込んでくる。数万メートルの巨体を持つといわれているが、その正体を見た者はいない。

【アリス】
「魔装の鍵を使い、混沌の化身・ジャバウォックを封印する」という使命を受けた少女の呼び名。9年に1度「穴」が開くたびに候補者が選出され、選ばれた少女は女王から鍵を与えられることで「アリス」となる。

【魔装の鍵】
魔力に反応して、アリスにふさわしい姿に変身できる道具。普段は首からかけるような小さな鍵だが、変身すると杖のような大きさになる。「穴」はこの鍵を用いることで、9年間だけ封印することが可能。

【魔装転身】
鍵の力を借りて、選ばれし少女がアリスに変身することを「魔装転身」と呼ぶ。変身する少女の精神力が強くなればなるほど力を発揮するが、逆に精神が安定しなければ弱体化してしまう。

【お茶会(サロン)】
女王が鍵を造り、アリスが穴を一時的に封印するというラトウィットのやり方に異を唱える組織。完全にジャバウォックを復活させて倒してしまうか、「穴」を永久に塞ぐことを目的としている。

このファンタジーな舞台でアリスはいやらしく活躍する。王国の平和を守るため戦う少女の前に立ちはだかるはお茶会の刺客たち。ひとたび敗れてしまえば亜人や魔物、守るべき民衆たちからも辱めを受けることに。
DH201603_mkal_01_02s DH201603_mkal_01_03s DH201603_mkal_01_04s DH201603_mkal_01_05s

製品仕様

タイトル:魔装の国のアリス Alice in Immoral-Land
発売日:2016年4月28日予定
価格:パッケージ版3,200円(税別)/ダウンロード版2,400円(税別)
ブランド:わるきゅ~れ
ジャンル:不思議の国の変身ヒロイン恥辱ADV
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM/ダウンロード
原画:おしゃれ教室
シナリオ:プラネットリング

関連リンク
わるきゅ~れ
関連記事