このページのトップに戻る

これで今日からリア充作家。『オフパコされたら、エッチなアシスタントができちゃった?』

DH201604_opea_01_01s

中沢高志は絵(エロ限定)を描くのが趣味なフリーター。彼は幼なじみの咲良に背中を押され、いっしょに即売会に初サークル参加をする。そこで咲良の学生時代の後輩・弥生と出会い意気投合。

3人でイベント後に弥生の家で打ち上げをしていると、今日の疲れか咲良が眠ってしまい、高志もそのまま泊まることに。眠る咲良の横で、弥生は高志のエロ同人を読みながら、彼に身を寄せてあることを言い出した。

「……興味ありませんか?こういうこと……」
DH201604_opea_01_02s DH201604_opea_01_03s DH201604_opea_01_04s

創作の達成感と高揚感に加えてエッチな満足感を得て幸せに浸りたい! アパダッシュの新作『オフパコされたら、エッチなアシスタントができちゃった?』ではそんなサクセスストーリーを味わうことができる。

作家として成功して、その絵柄を好きだっていってくれるエッチな女の子がいたら嬉しいだろ? 幸せだろ? しかし安易なオフパコは時に人生を破滅させるもの。ファンと関係を持つということはすなわち、ネットで炎上というリスクを背負わねばならない。

ヒロインの咲良(CV:ひろは)は、明るく元気でリア充だけど主人公への想いに素直になれない幼なじみ。もうひとりのヒロイン弥生(CV:南沙耶)は咲良の後輩、主人公の絵を気に入って積極的に好意を示してくる。

内気に見えてエッチに興味深々な弥生が主人公と仲よくなったことで、咲良との関係にも変化が生じていく。やがて咲良も自分の気持ちに素直になり、ふたりの女の子を同時に手に入れた主人公に人生の絶頂期が到来!

リスクなんてなんのその、エロい経験値を積んで作品の内容に説得力をつけて売れっ子までのし上がれ。ただし作家としても人としても破滅、なんてならないよう、ペン先と女心の扱いはくれぐれも慎重にね!

製品仕様

タイトル:オフパコされたら、エッチなアシスタントができちゃった?~僕が売れっ子になった理由~
発売日:パッケージ版2016年5月27日/ダウンロード版2016年5月6日予定
価格:パッケージ版2,500円(税別)/ダウンロード版2,000円(税込)
ブランド:アパダッシュ
ジャンル:ADV
年齢制限:18禁
メディア:CD-ROM/ダウンロード
原画:Unknown
シナリオ:岡下誠

関連リンク
アパダッシュ
関連記事