このページのトップに戻る

電脳空間が当たり前になった近未来『ナツイロココロログ』の世界

DH201603_nikl_03_01s
現実世界と電脳世界、ふたつの世界で違った姿を見せる女の子との恋愛模様が描かれるHeartsの最新作『ナツイロココロログ』

本作の記事はこちら。
ふたつの世界を繋ぐ恋。Hearts最新作『ナツイロココロログ』
『ナツイロココロログ』ヒロインたちのふたつの顔・現実編
『ナツイロココロログ』ヒロインたちのふたつの顔・電脳世界編

現代より少し進んだ、近未来の学園が舞台となる『ロロログ』。今回は、ネット普及により電脳空間へ直接意識をダイブさせる「ネットダイブ」が一般化した本作の設定にまつわるキーワードを紹介しよう。

【ネットダイブ】
パソコンの普及と共にネット世界が進化し続ける中で、インターネットへの接続インターフェースとして、電脳空間に直接意識を繋ぐネットダイブ(ND)が発展。若者の間で大流行し、ゲーム業界の主流となっていった。

【電脳世界:サイバースペース】
サイバースペース(CS)と呼ばれるネット上の仮想空間。目的ごとに様々な空間が作られており、人々はそこで娯楽を楽しんでいる。CSの普及によりゲームといえばNDによるログインゲームが主流となり、それに対応して景色もリアルに作り込まれるようになっている。

【マルチシティ】
オンライン上に用意された、誰でもログインできる娯楽のための仮想空間の街。アバターを使い、レジャー施設やアトラクションが楽しめる。アバターの中身は人間であることも多いため、マルチシティに新たな出会いを求めてるユーザーも少なくない。

【ND型ゲーム】
意識を電脳世界にログインさせる、ネットダイブを使って楽しむゲーム。一旦サイバースペースにログインした後、目的のゲームに参加する。ゲームはソフトとして販売されず、ネット上のゲーム世界への参加IDを販売する形となっている。

【電脳研究部】
私立私立芦ノ宮学園に存在する部活動。もっぱらND型ゲームやレトロゲームで遊んでいる、いわゆるゲーム部。顧問の梅宮香奈恵と部長の名城綺新が創設した。梅宮先生が開発したND型恋愛シミュレーションゲームのテスターを、部員一同で引き受けたことから物語は始まる。

以前の記事で紹介したヒロイン以外にも、今回触れた電脳世界にまつわるキャラクターたちが登場!

電脳研究部の顧問である有名プログラマーの梅宮香奈恵(CV:橘まお)や、その弟でメカニックの天才・椎菜(CV:鶴屋春人)、そして梅宮姉弟が開発したAI搭載のマスコットデバイス・エウ君(CV:結衣菜)など、個性的な面々が現実と電脳のふたつの恋愛をサポートしてくれる。
梅宮香奈恵
DH201603_nikl_03_02s
梅宮椎菜
DH201603_nikl_03_03s
エウ君
DH201603_nikl_03_04s

製品仕様

タイトル:ナツイロココロログ
発売日:2016年5月27日予定
価格:9,800円(税別)
ブランド:Hearts
ジャンル:夏色電脳交錯恋愛ADV
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM
原画:白もち桜/ぺろ(SD)
シナリオ:にっし~/樹原新/藤井リルケ/仙道佳帆/風間ぼなんざ

関連リンク
Hearts
関連記事