このページのトップに戻る

幼なじみが生霊になって、義理の妹と三角関係!?『罪恋×2/3』

DH201604_tk23_01_01s

麻保志学園に通う主人公・水沢光一は、義理の妹・めぐりと帰路についていた。突如としてそこに光一の幼なじみにして、めぐりの親友でもある少女・夢見レイナが落下する。

その後病院で生死の境をさまよっているはずのレイナだったが、どういうわけだが光一とめぐりの前に姿を見せて……。

「いやぁー、死ぬかと思った」

いつものように能天気に話すレイナは、なんと生霊になっていた。それから3人はレイナが屋上から落下した原因を探ることになり……?
DH201604_tk23_01_02s DH201604_tk23_01_03s DH201604_tk23_01_04s

Campusの最新作『罪恋×2/3(つみこい かける さんぶんのに)』は、3人の恋と3人の罪とが交錯する恋愛物語。

同ブランドの『ウソ』シリーズ『天文時計のアリア』と同じ麻保志学園を舞台に、本作では転落事故がきっかけで生霊となった少女と主人公たちの三角関係が描かれる。

ヒロインのひとりは、水沢めぐり(CV:立花沙羅)。物静かな優等生で冷たい印象を持たれがちだが、実は世話焼きでお人好し。いつも兄である光一や、親友のレイナへのツッコミ役になっている。

そしてもうひとりのヒロインは、夢見レイナ(CV:結城ほのか)。貴族のお嬢さまのような見た目に反して、中身はポンコツ。お調子者でざっくばらん、けれど意外と恥ずかしがりやで乙女な部分もある。

光一を含めて、小学生の頃からの幼なじみの3人。レイナは3人で過ごす時間がずっと続けばいいと願い、めぐりは兄への想いを伝えられずにいた。

物語の先、レイナが生霊となった原因が明かされた時3人の関係はどう変化するのか? 「主人公が大好き、だけど妹」なめぐりと「ずっといっしょだった幼なじみ、だけど生霊」なレイナ、ふたりのヒロインからあなたが選ぶのは?

本作の豪華限定版には、エッチなめぐりの姿が描かれたB2タペストリーが付属。こんな姿で誘惑されたら、たとえ妹でもたとえ罪だといわれようと手を出さずにはいられない!
DH201604_tk23_01_05s

製品仕様

タイトル:罪恋×2/3
発売日:2016年7月29日予定
価格:パッケージ版3,000円(税別)/B2タペストリー付豪華限定版6,000円(税別)/ダウンロード版3,000円(税別)
ブランド:Campus
ジャンル:AVG
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM/ダウンロード
企画:工藤啓介
原画:一葉モカ
シナリオ:神堂劾

関連リンク
Campus
関連記事