このページのトップに戻る

恋人との生活感をたっぷり凝縮。eRONDO最新作制作発表レポート

DH201605_ernd_01_01

2016年5月21日、BAR HONESTにてeRONDO完全新作第2弾の制作発表イベントが開催された。

出演者:三ツ矢新(eRONDO代表、ディレクター)
司会:大平(頑宣ch)、アシスタント:志乃蛍

イベント開始早々、さっそく新作のタイトルが発表される。そのタイトル名は『こいのす☆イチャコライズ』。ひとり暮らしを始めて彼女ができたら、そりゃ毎日がイチャイチャラブラブエロエロライフでしょというコンセプトを全力で追及して本作は制作されている。
DH201605_ernd_01_02 DH201605_ernd_01_03 DH201605_ernd_01_04 DH201605_ernd_01_05

本作にサブヒロインやサブキャラに相当する登場人物はおらず、とことんヒロインひとりひとりの描写を濃密にすることに集中。最初に紹介するヒロインは近所の喫茶店でウェイトレスをしている吉野
DH201605_ernd_01_06 DH201605_ernd_01_07 DH201605_ernd_01_08

次に小さい頃から面倒をみていた女の子、サチ
DH201605_ernd_01_09 DH201605_ernd_01_10 DH201605_ernd_01_11

主人公が住む一人暮らしの部屋のお隣さんの妹、なつめ。本作のヒロインは以上の3人だ。
DH201605_ernd_01_12DH201605_ernd_01_13 DH201605_ernd_01_14

コンセプトやヒロインの紹介が終わった後は、メールフォームで届いた質問への回答タイム。印象的だったのは、PCの日付を参照して毎日違う会話をできるようにしたいという「秘めくりモード」。三ツ矢氏は最終的に全ヒロインに四季折々のイベントを追加ダウンロードできるようにしたいと語っていた。
DH201605_ernd_01_15 DH201605_ernd_01_16

それからイベント中何度も出てきた重要ワードが「生活感」。それを演出しているのがこれらの背景とヒロインを組み合わせた「背景立ち絵」。部屋に入ると彼女が寝ていたり、ベッドに座って足をぶらぶらさせていたり。生活感を出すためそういった絵をなるべく多く用意するとのこと。
DH201605_ernd_01_17 DH201605_ernd_01_18 DH201605_ernd_01_19

背景絵そのものに関しても付き合う前と後では変化があってそれもヒロインによって異なる。カーテンの色が変わって、小物が増えていって、徐々に彼女という存在が君の生活の一部となっていくわけだ。
DH201605_ernd_01_20 DH201605_ernd_01_21

エッチした回数ふとももに「正」の字を書く、そんな悪ふざけも「しょうがないなー」と許容してくれる関係の素晴らしさを熱く語る三ツ矢氏。俺の欲望を受け入れてくれるんだ! 彼氏だからアリなんだ! という発言にニコ生上で賛同コメントが殺到していたとか。
DH201605_ernd_01_22 DH201605_ernd_01_23 DH201605_ernd_01_24

三ツ矢氏の作品への情熱、彼女持ち一人暮らしライフへの理想を強く感じた本イベント。当日提供された缶バッチ付きコラボカクテルは今週木曜5月26日までBar Honestさんにて注文が可能。お店の公式サイトこちら
DH201605_ernd_01_25 DH201605_ernd_01_26 DH201605_ernd_01_27 DH201605_ernd_01_28

それでは最後に、吉野の衣装をまとって本イベントの司会アシスタントを務めた志乃蛍さんの写真をお届け。『こいのす☆イチャコライズ』の作品紹介も今後電撃姫.comで掲載予定、そちらもお楽しみに。
DH201605_ernd_01_29 DH201605_ernd_01_30 DH201605_ernd_01_31 DH201605_ernd_01_32

イベント情報

イベント名:eRONDO second project 制作発表イベント
開催日程:2015年5月21日(土)
会場:BAR HONEST

関連リンク
eRONDO
BAR HONEST
関連記事