このページのトップに戻る

ふたつの三角関係は楽しくて時に切ない『スキとスキとでサンカク恋愛』

DH201605_sssr_01_01s

家庭の事情により小森江宗介は、幼少期からいっしょに暮らす義妹の七瑠と両親の4人家族でごく普通の生活をしていた。学園、部活と代わり映えしないながらも充実した毎日を過ごす。

そんな中、幼少期まで共に暮らした実妹すずが帰ってきた。七瑠とすず、現妹と元妹によって宗介の日常に変化が訪れる。
DH201605_sssr_01_02s DH201605_sssr_01_03s DH201605_sssr_01_04s

ASa Projectの最新作『スキとスキとでサンカク恋愛』は、ふたつの三角関係を描くラブコメディ作品。

ひとつの三角関係は「妹の三角関係」。現在いっしょに暮らす義妹と昔暮らしていた実妹との間に、兄をめぐる三角関係が発生する。下ネタにオープンでノリのいい義妹・七瑠と、控えめで優しく天然な実妹・すず。ふたりの妹が大好きなお兄ちゃんを巡ってユルく激しく火花を散らす。

もうひとつの三角関係は「恋の三角関係」。宗介のことは何でも知ってる幼なじみと彼に一目ぼれした先輩が、恋のバトルを繰り広げる。勝気で気さくな幼なじみ・真帆とエロゲ好きの不思議な先輩・志衣菜という、主人公との出会いも過ごした時間も違うふたりの三角関係が見どころ。

どちらの関係も、各ヒロインの「ないものねだり」がストーリーの中心。ヒロインはみな、恋のライバルに対するハンデを抱えていて、そのハンデを埋めたくて彼女たちは悶々としてしまう。

ふたりの妹はそれぞれ「自分の知らない頃の兄」のことを知りたがる。幼なじみは主人公とのある過去を清算してのまっさらな関係を求める。先輩は過去を知らない一目ぼれだから、主人公とこれからの思い出を作ろうとする。自分にはないものを持つライバルがいるからこそ、彼女たちはますます本気でぶつかっていく。

また三角関係ならではの恋愛の切なさはありつつも、そこはコメディ描写に定評のあるASa Project。4人のヒロインは全員同じオタク部に所属していて、部室で賑やかに会話したり主人公を奪い合ったりと、重苦しくならず楽しくもカオスな光景に期待してほしい。

製品仕様

タイトル:スキとスキとでサンカク恋愛
発売日:2016年11月25日予定
価格:9,250円(税別)
ブランド:ASa Project
ジャンル:恋愛ADV
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM
原画:冬壱もんめ/夕凪セシナ/結城リカ
シナリオ:天都/言川紺/十全

関連リンク
ASa Project
関連記事