このページのトップに戻る

これは彼女たちの残された時間を見届ける物語。『生命のスペア』

DH201605_incs_01_01s

主人公・静峰竜次(しずみね りゅうじ)の友人・夙川恵璃(しゅくがわ めぐり)は、病を患っていた。それは原因不明で治療法も確立していない、死に至る病「桜紋病(おうもんびょう」。

唯一助かる可能性があるとすれば、その方法は心臓移植のみ。しかし、適合する心臓が見つかることは奇跡に等しい。

だからこそ、恵璃の妹・璃亜(りあ)がデザイナーベイビーとして作られた。姉の心臓の、スペアになるために。
DH201605_incs_01_02s DH201605_incs_01_03s DH201605_incs_01_04s

あかべぇそふとすりぃの最新作『生命(いのち)のスペア』は難病に侵されたヒロインと恋をして、残された時間とその行く末を見届ける物語。

本作のヒロインは、不治の病「桜紋病」に侵された少女・夙川恵璃ただひとり。そのひとりとの恋愛に作品のすべてが注がれている。死の運命を背負いながらも前向きで明るい彼女と、主人公は共に時を過ごすのだ。

幼少期から病に侵されやがて死に至る恵璃を救うには、心臓移植の必要があった。そのため彼女に心臓を与えることを目的に妹の璃亜が作られる。それから十数年経った今、姉妹は学生になり仲睦まじく暮らしていた。

自称・クールビューティーだが、実際は明るく気さくな姉の恵璃。真面目なしっかり者で、大のお姉ちゃんっ子の妹・璃亜。普通の姉妹のように過ごす彼女たちの秘密は、ふたり自身とその家族、そして恵璃の友人である主人公だけが知っている。

身体に桜の花びらのような模様が浮かび上がる「桜紋病」。恵璃は妹の命が救われることを望み、璃亜は自分の身体が姉を救うことを願う。想いはすれ違い、けれど残された時間はあまりない。ヒロインの行く末ははたして、どのような形で描かれるのだろうか。
DH201605_incs_01_05s

製品仕様

タイトル:生命のスペア
発売日:2016年8月26日予定
価格:4,800円(税別)
ブランド:あかべぇそふとすりぃ
ジャンル:大切な人のためのADV
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM
原画:秋空もみぢ
シナリオ:中島大河

関連リンク
あかべぇそふとすりぃ
関連記事