このページのトップに戻る

『シルヴァリオ トリニティ』運命のもとに集いし登場人物を紹介!

DH201605_svtn_02_01s

未知の力をもたらす粒子「星辰体(アストラル)」に覆われた未来世界で、運命に射止められた者たちの戦いを描くlight新作『シルヴァリオ トリニティ』

本作の記事はこちら
■お前の末路は「英雄」だ。誇りと共に堕ちた先『シルヴァリオ トリニティ』

今回は本作の物語の中核をなす主要登場人物たちを紹介しよう。

アシュレイ・ホライゾン
第六東部征圧部隊の新米星辰奏者(エスペラント)にして、本作の主人公。愛称はアッシュ。真面目で実直で努力家な好青年だが突発的な事態や女性関係には弱く、ラッキースケベな展開に遭遇すると極端に狼狽してしまうことも。過去に帝都を襲った大虐殺においてクリストファー・ヴァルゼライドに救われ、その体験が彼の原風景かつ原動力となっている。
DH201605_svtn_02_02s

レイン・ペルセフォネ
ある事件でアッシュと遭遇し刃を交えることになる謎の少女。商国に根を張る傭兵団“暁の海洋”所属の傭兵らしいが真偽は不明で、行動にも不明な点が多々ある。だがそれを差し引いても慈悲深く善性を持つ女性なのは間違いなく、アッシュの行く末を心から案じている。遠くにいるという尊敬する人たちから受け継いだ運命を誇りに思っているらしい。
DH201605_svtn_02_03s

アヤ・キリガクレ
第八東部駐屯部隊・猟追地蠍(スコルピオ)所属の星辰奏者でアッシュの同僚。旧暦の大和撫子という概念そのままな雰囲気の少女。そのため貞操観念も強いはずだが、なぜか初対面のアッシュに強い好意を持ち献身的に接する。理由は不明だがそれが真実であることは疑うまでもない。キリガクレの血は例外なく、一途で重い愛情へ魂ごと殉ずるのだから。
DH201605_svtn_02_04s

ミステル・バレンタイン
カンタベリー聖教皇国第四軍団・紅玉騎士団(カーネリアン)所属の聖騎士で、明朗快活な気質を持つ大人の美女。社交的な性格で、職務外ならば所属の違う者にも親しく接する懐の広さを持っている。過去に没落した家系の出らしく、栄枯盛衰の儚さを悟り細事を気にしなくなった。かなりの酒好きで、酔うと同性にセクハラする残念美人になる。
DH201605_svtn_02_05s

ケルベロス
ある現象がきっかけで生まれた、驚異的な星殺しの異能を宿す怪人物。その力は反星辰奏者(アンチ・エスペラント)とも言うべき代物ですべての星辰奏者の天敵。遭遇が死に直結する怪物だが、なぜか戦闘を回避しようとしているようにも見える。レインには同情的な態度を向ける反面、アッシュやギルベルトは問答無用で抹殺しようとするなど行動には謎が多い。
DH201605_svtn_02_06s

ギルベルト・ハーヴェス
帝国軍黄道十二星座部隊がひとつ第六東部征圧部隊・血染処女(バルゴ)の隊長。徹底した能力評価主義者で、実力のある者は部下や敵対者でも敬意を払う公明正大な好漢。アドラー第三十七代総統クリストファー・ヴァルゼライドを深く尊敬し、不断の努力を何より好む。前進しようとする人間へは助力を惜しまないため、真面目なアッシュに目をかけている。
DH201605_svtn_02_07s

アリス・L・ミラー
各国を巡る旅芸人一座の花形。不思議な雰囲気の少女で、アッシュが行きつけの酒場で踊っている。イタズラ好きでノリがよく、真面目な相手をからかって慌てる姿を見るのが大好き。だが容姿や言動に反してその経歴は謎だらけ。レインから「姉さん」と呼ばれ、かつて路頭に迷っていた彼女の庇護者だったという発言から、実年齢は見た目より高いと思われる。
DH201605_svtn_02_08s

製品仕様

タイトル:シルヴァリオ トリニティ
発売日:2017年1月27日予定
価格:初回限定版8,800円(税別)
ブランド:light
ジャンル:ADV
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM
原画:KeG/夕薙/六時
シナリオ:高濱亮/昏式龍也/森間まりも

関連リンク
light
関連記事