このページのトップに戻る

『ウソ』シリーズ第3弾『アキウソ』ヒロインはポンコツ居候!

DH201606_akus_01_01s

「声を聞くことで、他人が嘘をついているかを見破れる」という能力を持つ主人公・櫻井宗一郎。彼は能力を得た対価を支払うため、数々の依頼をこなし続けた結果「学園一の問題児」と囁かれるまでになっていた。

宗一郎が学園で、依頼を請け負うために立ち上げた「猫の手部」。エリス・F・カートレットはそのもうひとりの部員であり、共に依頼を解決してきた相棒とも言える存在だった。

そんなエリスがある日体調を崩し、宗一郎は看病をすることに。ところがベッドから起き上がった彼女は突然、「あたしと、エッチしてほしいんだけど」と言い出して……?
DH201606_akus_01_02s DH201606_akus_01_03s

Campusの最新作『アキウソ -The only neat thing to do-』は、「嘘」をキーワードとした『ウソ』シリーズ4部作の第3作目。他シリーズ作品と舞台や登場人物を共有しつつ、今作では主人公の相棒であるエリス・F・カートレット(CV:有栖川みや美)がメインヒロインとなっている。

本シリーズの以前の記事はこちら。
■低価格でエッチ満載。新ブランドCampus処女作『ハルウソ』
■Campusデビュー作『ハルウソ』ヒロインのエッチな一面に迫る!
■Campus『ハルウソ』に続くシリーズ最新作『ナツウソ』

シリーズ第3作『アキウソ』は、『ハルウソ』と『ナツウソ』でそれぞれに描かれた「とある事件」が起きなかった未来での物語。「嘘を見破る能力」を持つ主人公と、嘘で隠した「本当の気持ち」を抱えたヒロインとの恋愛模様を描く。

今作のヒロイン・エリスは、宗一郎の部屋に住み着く居候の少女。ぐうたらでポンコツな様子からは想像もつかないが、実は格式高い家柄のお嬢さまらしい。宗一郎とは4年前に出会ってから紆余曲折あったものの、現在では互いに「相棒」と認める仲に近づいている。

そんなエリスが突然打ち明けた、エッチしてほしいという言葉の真意とは? 嘘から始まるちょっぴり不思議な物語が、紅葉が舞う秋空の下で綴られる――。

なお今回もお求めやすい価格の通常版のほか、抱き枕カバー付豪華限定版も同時発売。ご予約はお早めに!
DH201606_akus_01_04s

製品仕様

タイトル:アキウソ -The only neat thing to do-
発売日:2016年11月25日予定
価格:抱き枕カバー付豪華限定版11,000円(税別)/通常版3,000円(税別)/ダウンロード版3,000円(税別)
ブランド:Campus
ジャンル:AVG
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM/ダウンロード
原画:りいちゅ/Gユウスケ(SD)
シナリオ:工藤啓介

関連リンク
Campus
関連記事