このページのトップに戻る

星に守られた港町を舞台に描く恋の物語『星恋*ティンクル』

DH201606_hktl_01_01s

主人公・群雲景(むらくも けい)は、病弱な妹の療養のため港町・渚沙町(なぎさちょう)に引っ越しを決める。そこでは住民たちが、渚沙町でしか見えない星――「ナギ」を守り星として崇め暮らしていた。

新しい友だちもできて、妹の体調も徐々に回復へと向かい、少しずつ町での暮らしにも慣れてきた景。けれどそんな不自由のない日々の中で、ただひとつだけ自由にできないことがあった。

それは「ナギの存在を町の外に知らせてはいけない」という、奇妙な掟。そうして渚沙町で過ごす中で景は、守り星と同じ名を持つ少女・凪(なぎ)と出会う――。
DH201606_hktl_01_02s DH201606_hktl_01_03s DH201606_hktl_01_04s DH201606_hktl_01_05s DH201606_hktl_01_06s DH201606_hktl_01_07s DH201606_hktl_01_08s

新ブランド・きゃべつそふとのデビュー作『星恋*ティンクル』は、星を崇める不思議な町で紡がれる恋の物語。

本作の舞台は、守り星・ナギにまつわる伝承が数多く残された港町。そこでは毎年12月になると、ナギを崇める「星夜祭(せいやさい)」という祭が催されていた。

ところが町の外からやってきた主人公の景は、ナギにも星夜祭にも興味を持てずに過ごしている。そんな中で彼は、「ナギをもっと多くの人に見上げてほしい」と願う学園の先輩・と出会う。

彼女は星夜祭を盛り上げるべく「星夜部」の立ち上げを計画。

ゴーイングマイウェイな先輩・。甘えん坊のブラコン妹・そらは。心優しいツンデレ乙女・珠希。おっとりドジっ娘な後輩・咲良。4人の少女たちとの星を巡る物語が動き出そうとしていた。

ノスタルジックな雰囲気の港町を舞台に、星夜部の活動を通してヒロインたちと交流を深めていく本作。なにより凪の守り星への想い、そしてナギ自身がどのように描かれるのか注目したい。

人と星とを結ぶ恋物語が、ここにきらめく。

製品仕様

タイトル:星恋*ティンクル
発売日:2017年1月27日予定
価格:初回限定版9,250円(税別)
ブランド:きゃべつそふと
ジャンル:恋愛ADV
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM
原画:梱枝りこ
シナリオ:なかひろ

関連リンク
きゃべつそふと
関連記事