このページのトップに戻る

スマホがヒロイン!?HOOKSOFTの擬人化企画第3弾!

DH201607_amlf_01_01s

主人公・久瀬怜二は、ごく普通の学生。ある朝自宅で目を覚ました彼は、隣で見知らぬ女の子が寝ていることに気付く。

彼女がなぜ自室にいるのか心当たりもなく、あり得ない状況に戸惑う怜二。そんな彼に対して、目覚めた女の子は「私、あなたのスマホです!」と言い出して……?
DH201607_amlf_01_07 DH201607_amlf_01_08 DH201607_amlf_01_09

HOOKSOFTの最新作『Amenity’s Life(アメニティーズ ライフ)』は、『Like Life』の流れを汲んだ同ブランドの擬人化企画第3弾。家具や家電が擬人化した女の子たちとの、ドタバタな共同生活が描かれる。

そこで今回の記事ではまず、作品の中心となる擬人化キャラクターたちをヒロイン、サブヒロイン合わせて紹介する。メインヒロインに関してはこちらの記事を見てほしい。

モノが次々と女の子になるという「擬人化現象」が起こってしまった本作の舞台。主人公が長年大事に使ってきたスマホもその影響を受けて、突然女の子になって現れる。

そのスマホ少女こそ、こちらのヒロイン・麻帆。持ち主の生活をサポートをするスマホらしく、3歩下がって主人を立てる大和撫子系の女の子に擬人化している。ところで元々がスマホということで、タッチパネルはどこにあるのかな……? これは触って確かめねば!
DH201607_amlf_01_02s

そして彼女以外にも、主人公が暮らす家では様々なモノが擬人化されていく。そうして先に擬人化された麻帆をお姉さん的ポジションとした、擬人化ファミリーができあがることに。本作の大きな特色となる擬人化サブヒロインたちがこの子たち。

愛くるしいこのキャラは、コックの衣装とミトンを身に着けたオーブン少女・レゾナ
DH201607_amlf_01_03s

ロボット掃除機のルーはメイドさん風衣装。室内をあわあわと動き回ってお掃除するらしい。
DH201607_amlf_01_04s

セクシーな座椅子お姉さんのラグ。膝の上に座ったらおっぱいと密着してしまうのでは!
DH201607_amlf_01_05s

ヘッドホン少女のニカは、頭の上に乗りそうなミニサイズ。おでかけがもっと楽しくなりそう。
DH201607_amlf_01_06s

こんな擬人化少女たちと人間のヒロインたちが入り乱れた、ドタバタな毎日。HOOKSOFTの擬人化企画第3弾、3つ目の「生活」となる『Amenity’s Life』をお楽しみに!

製品仕様

タイトル:Amenity’s Life
発売日:2016年冬予定
価格:9,250円(税別)
ブランド:HOOKSOFT
ジャンル:ドタバタ学園純愛AVG
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM
原画:RINKS
シナリオ:桜城なお/松倉慎二

関連リンク
HOOKSOFT
関連記事