このページのトップに戻る

『姉姉W催眠』強力催眠アプリで女体のすべてを意のままに!

201607_aads_01_01

特別な才能を持たず就職にも失敗した主人公は、兄夫婦の暮らす高級社宅に居候中。重役令嬢で潔癖症の兄嫁には避けられ、才色兼備な義姉からは野良犬扱いを受ける日々。そんな生活に絶望しかけた時、彼はネットで興味深い物を見付けた。

「催眠アプリ、催眠装置……部屋に仕掛けるだけで、すべては思いのままに」

もはやサギであっても構わない。そう思いながら購入し、家の中に仕掛けてみると……。
201607_aads_01_02 201607_aads_01_03 201607_aads_01_04

POISON最新作『姉姉W催眠』は、自分を見下すヒロインたちを催眠装置でエッチに教育していくアドベンチャーゲーム。

主人公のエロライフは、同居中の美人兄嫁姉妹から彼が動物以下の扱いを受ける日々の中、「催眠YAMIアプリ」を入手するところから始まる。

特定の人間に催眠術をかけられるというこのアプリの画面には、自分をないがしろにする兄嫁姉妹の名前が登録されていた。半信半疑ながらも使ってみると、なんとこれが効果抜群。その日を境に立場は一変、兄夫婦の愛の巣は、主人公の欲望の檻へと姿を変えたのである。

最初は簡単なボディタッチから始まるも、溜まりに溜まった鬱憤と欲望がそれだけで収まるはずがない。ああ収まろうか。

夫との淡白な夜の生活で性欲を持て余した兄嫁・月城久美子は、催眠による想像妊娠で母乳を生産するメス牛に。生意気な義妹・日和結花には、催眠生活で年下とはいえ兄にあたる人間への礼儀作法を。力を手に入れた人間は恐ろしいもの。主人公は催眠アプリを使い込んでいく。

催眠エッチを繰り返せば姉妹の身体は敏感になり、やがてリビング、風呂場、兄夫婦の寝室などあらゆる場所で主人公の欲望相手に変貌する。そして拡大する欲望の輪は兄夫婦のご近所さんたちまでも巻き込んで……?

はたして本当に主人公は、特別な才能を持たない人間だったのだろうか。催眠アプリを躊躇なく他者に使用できる時点で、彼にはひょっとすると立派な姉姉W催眠師への素質があったのかもしれない。

製品仕様

タイトル:姉姉W催眠 催眠装置で巨乳姉どもに強制中出し、鬼畜寝取りで孕ませてやる!
発売日:2016年8月26日予定
価格:初回版 5,800円(税別)/姉姉W催眠 POISON FULLSET 10,800円(税別)
ブランド:POISON
ジャンル:催眠調教孕ませADV
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM
原画:コバぴょん/田丸まこと/野田しゅは(SD)
シナリオ:坂元星日/素浪人

関連リンク
POISON
関連記事