このページのトップに戻る

『銀色、遥か』ヒロインと過ごす10年、発売前にその一部を紹介

201608_gihk_01_01

カナダからやってきたばかりの転入生・ベスリー[CV:橘まお]と初詣へ。初めて日本でお正月を過ごす彼女を、優しくエスコートしてあげよう。あまり感情を表に出さないベスリーも、きっとほほえんでくれるはず――。

その他本記事では、tone work’sの最新作『銀色、遥か』から最新イベントCGをご紹介。「中学編」「学園編」「アフター編」の3部構成で綴られる、10年に渡る恋物語の一部を覗いてみよう。

本作の記事はこちら。
■tone work’s最新作は10年の恋物語を描く『銀色、遥か』
■『銀色、遥か』10年を共に過ごすヒロインたち。その出会いとは?
■『銀色、遥か』のボーカルソング集がゲームと同日発売!
■『銀色、遥か』新規ビジュアル到着。さらに各種キャンペーン実施中!!

中学編の学内ボランティアで、瑞羽[CV:風音]と落ち葉拾い。その後始まった焼き芋&アルミ焼きで調理をがんばる主人公に、瑞羽がとうもろこしを「あーん」する。これはもう世界で一番おいしいとうもろこしだよ!
201608_gihk_01_02

海にやってきた学園編の主人公と椛[CV:鈴谷まや]。海の解放感も手伝って、普段はのんびり屋の椛も水鉄砲を片手にはしゃぐ。水着に見惚れすぎてると、容赦なく水の弾丸を当てられるだろう。でも、やめられない。
201608_gihk_01_03

文化祭の出し物で、妹の雪月[CV:くすはらゆい]がメイドの姿に。かわいい姿をまた見たいと伝えると、雪月は「おにーちゃん専属のメイドさんになる」と言い出した! な、なんて理想の妹なんだおにーちゃん嬉しい。
201608_gihk_01_04

社会人になったアフター編の雛多[CV:柳ひとみ]と、仕事終わりに夜の散歩。互いに忙しくても、ふたりで過ごす時間は大切に。学生時代と変わらないラブラブっぷりだったり、もしくはちょっとだけ違ったり。そんな学生時代のその後の時間が味わえるのが、『銀色、遥か』の素敵なところ。
201608_gihk_01_05

製品仕様

タイトル:銀色、遥か
発売日:2016年8月26日予定
価格:9,800円(税別)
ブランド:tone work’s
ジャンル:恋愛アドベンチャー
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM
原画:恋泉天音/秋野すばる/武藤此史/柚木ガオ(SD)
シナリオ:丘野塔也/魁/にっし~/白矢たつき/真崎ジーノ/今科理央/

関連リンク
tone work’s
関連記事