このページのトップに戻る

大人に抗う少年少女の聖戦を描く、恋と絆の物語。『愚者ノ教鞭』

201609_gsnk_01_01

「始めようぜ。俺たちの聖戦を!」

あの夏――俺は6人の仲間と戦った。それが正しいことだったかは今でもわからない。だけど、俺たちは全力で立ち向かった。理屈も正論も道理も世の中の考え方なんか関係なく、俺たちなりの信念ってヤツに基づいて。

――これは、無知で無謀な子供(おれたち)が愚者(おとな)に反逆する物語。

理不尽で不条理なこの世界で、俺たちは掴み取ろうとした。誰にも縛られない世界を。俺たちが夢見た未来を。夏の夜を駆け抜けた、6人の仲間たちといっしょに――。
201609_gsnk_01_02 201609_gsnk_01_03 201609_gsnk_01_04 201609_gsnk_01_05 201609_gsnk_01_06 201609_gsnk_01_07

あかべぇそふとすりぃの最新作『愚者ノ教鞭-今しかできないことがたくさんあるんだ!-』は、大人に抗う「聖戦」を共に戦う、少年少女の恋と絆の物語。幼少期に誰もが通ったことのある「大人への反抗期」や、仲間たちと結託して行動を起こす一夏の青春が、軽快かつコミカルなストーリーで描かれる。

本作の主人公・一輝は、田舎町に暮らすごく普通の少年。彼は思春期らしく親に不満を感じながら、6人の仲間たちと日々を過ごしていた。

天真爛漫な幼なじみの織乃[CV:花澤さくら]や、みんなのマスコット的存在・泉[CV:八尋まみ]、ギャルっぽくて勝気なレイナ[CV:榎津まお]など――仲間たちも同じように、それぞれ大人に対する不満を募らせている様子。ある日彼らは結託して、大人たちのもとを去る計画を立てる。

追いかけてくる大人たちを振り払い、日常から逃げ出した7人の少年少女。彼らは使われていないラブホテルに立てこもり、自分たちの力だけで生きることを決めるのだった。

共同生活の中で絆は一層深まり、問題解決を経て成長したり、仲間だった少女と恋仲になったり……。今回掲載しているイベントCGには、ヒロイン単独ではなく7人の仲間として描いている印象を受けるものが多い。それだけに脅える少女のシーン(しかもスクール水着!)が気になるところだ。

籠城計画の中で何が起こるのか、彼らは何を得て何を失うのか。無茶で、無謀で、だけど無敵な夏が始まる――。

製品仕様

タイトル:愚者ノ教鞭-今しかできないことがたくさんあるんだ!-
発売日:2016年10月28日予定
価格:6,800円(税別)
ブランド:あかべぇそふとすりぃ
ジャンル:少年少女のイケナイ反抗ADV
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM
原画:浅海朝美
シナリオ:秦良則充

関連リンク
あかべぇそふとすりぃ
関連記事