このページのトップに戻る

生き人形の棲む館で事件が起こる。完全無料『月影のシミュラクル』

201609_tksk_01_01

――その館には、生きた人形が棲んでいる。

卯月誠一のもとに招待状が届き、幼い頃に住んでいた伊沢街に建つ屋敷を訪れる。そこでで再会したのは、かつて共に過ごした少女たち。

からくり師を祖として代々受け継がれてきた如月の一族。「生き人形」の伝説が残る館で一体何が起こるのか。

これは蜘蛛の糸にとらわれた蝶が、ふたたび羽ばたくための物語。
201609_tksk_01_02 201609_tksk_01_03 201609_tksk_01_04 201609_tksk_01_05 201609_tksk_01_06

あっぷりけは完全無料で遊べるライトビジュアルノベル『月影のシミュラクル』を発表した。これは約3時間程度のプレイをスマートフォンでも気軽にプレイできるよう作られている。

本作は館を舞台にしたホラー・サスペンス。主人公の卯月誠一は、からくり職人を祖として機械工業、IT分野で発展をしてきた財閥、如月家の分家の人間だ。

家から離れていた彼がある時参加を求められた、如月家の「儀式」。儀式は古くから行われ、家宝のお披露目も兼ねてていると言われている。

さてその家宝というのが、「生き人形」。この人形、かつては人のように動いていたらしいのだが、製作したからくり職人開祖の死以来、ぴたりと動きを止めてしまった。

この人形をよみがえらせるのが如月家の悲願。なおその外見は開祖の娘を模しているといわれ、事実如月の女性によく似ているという。

いかにも何か起こりそうな「屋敷」に「儀式」。さらに過去、分家の屋敷では火災事故が起きていて、家人は娘ひとりを残して焼死したらしい。

やがて事件は起き、主人公たちは恐怖に追い詰められていく。どのヒロインと恋愛するかでルートが分かれるのではなく、主人公の運命がいかに分岐するかという点を重視して物語が描かれるのが本作の大きな特徴。

あなたが選んだ先、事件の結末は? 「生き人形」の真実は? そしてその時、隣にいる女性は誰?
201609_tksk_01_07

製品仕様

タイトル:月影のシミュラクル
配信日:2016年秋予定
価格:完全無料(ゲーム内課金無し)
ブランド:あっぷりけ
ジャンル:伝奇ADV
年齢制限:全年齢
メディア:ダウンロード
原画:オダワラハコネ
シナリオ:桐月

関連リンク
あっぷりけ
関連記事