このページのトップに戻る

名奉行になってヒロインといっしょに悪行を暴け!『桜花裁き』

201609_oksk_01_01

北町・南町奉行所の負担緩和のために新設された中町奉行所。主人公・大岡志明は、新米奉行としてそこに着任することになった。

志明の着任早々、奉行所に小梅という少女が連行されてくる。彼女は町を騒然とさせた「とある事件」の容疑で、明日裁かれる運命にあった。

罪状を鑑みるに、このままでは彼女の死罪は避けられない。しかし志明は事件の不審点や健気な小梅の姿から、彼女が犯人でないと確信する。

はたして志明は、少女の無実を証明することができるのか……!?
201609_oksk_01_02 201609_oksk_01_03 201609_oksk_01_04 201609_oksk_01_05 201609_oksk_01_06

新ブランドIRODORIのデビュー作『桜花裁き(おうかさばき)』は、江戸末期の雰囲気を残す架空の日本を舞台とした、推理型奉行活劇アドベンチャー。新米奉行の主人公を操って、仲間やヒロインたちと共に数々の難事件の真相を暴こう。

本作の舞台はサクラの品種改良により一年中サクラが咲き続ける町・桜花町。主人公・志明が桜花町の町奉行に就任したところから物語は始まる。

ちなみに「町奉行所」とは実際の江戸時代にも存在した役所で、現代でいう警察と裁判所の役割を担う機関。町で事件が起きればその捜査を行い、捕えた悪人に裁きを下すのが仕事となる。

話を戻して、本作は事件が発生する「アドベンチャーパート」と、情報を集める「捜査パート」、証拠を突きつけて真犯人を裁く「奉行パート」の3つの軸で物語が進行する。散りばめられたヒントや関係者の発言の矛盾を頼りに、真の悪人を暴き出せば見事事件解決だ。

共に事件に挑んでくれる、中町奉行所のヒロインたちも個性的! 明るく元気な発明家・平賀理夢[CV:桃山いおん]や、才色兼備な孤高のお目付け役・遠山桜[CV:小鳥居夕花]、ちょっぴり天然なみんなの妹・河合小梅[CV:遥そら]など、かわいい女の子といっしょなら難事件も楽しく解決♪

中町奉行所に務める若者は寮で暮らしているので、ヒロインたちとはひとつ屋根の下で生活することに。絆を深める内に親密な関係になったり、元々温泉宿だった寮では浴衣姿や露天風呂でドキドキなシーンも……!?

本作のゲームシステムは次回記事で紹介。洞察力がカギとなる「捜査パート」や、事件を裁く白熱の「奉行パート」など、本作独自のシステムに注目してほしい。

製品仕様

タイトル:桜花裁き
発売日:2017年2月24日予定
価格:9,250円(税別)
ブランド:IRODORI
ジャンル:奉行活劇
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM
原画:宍戸くろう/榊水夏/ささくまきょうた
シナリオ:海水塩湖/他

関連リンク
IRODORI
関連記事