このページのトップに戻る

島と怪物と美少女のサスペンスホラー『仄暗き時の果てより』

201609_hgth_01_01

主人公・御城康一は、大学に通いながら東京で一人暮らしをしている青年。とある夏の日、彼は生まれ故郷の島へと帰省する。

港で出迎えてくれる妹、両親が営む民宿、そして町の様子……。すべてが以前と変わりないように見えた。

だが島には、「怪物」が出没しているという。そんな中康一は、怪物を討つべく夜ごと警戒を続けているという少女の噂を耳にする……。
201609_hgth_01_02 201609_hgth_01_03 201609_hgth_01_04 201609_hgth_01_05 201609_hgth_01_06

MOONSTONEの最新作『仄暗き時の果てより』は、謎の怪物の脅威が人々に襲い掛かるサスペンスホラー。怪物と戦う少女との出会いをきっかけに、主人公は人ならざる者が棲まう禁断の領域へと足を踏み入れていく。

主人公・康一が、故郷の島を訪れるところから始まる本作。彼は恋人の死をきっかけに、あまり島には寄りつかなくなっていた。それでも甘えん坊の妹のために時々は帰省していて、今年も大学の夏休みを利用して島へと帰ってくる。

久々に訪れた故郷。そこではまことしやかに「怪物」の出現が噂されていた。とはいえそんな突拍子もない話を信じる理由もなく、家族と穏やかな日々を過ごす康一。ところがある夜、彼は怪物としか言いようがない異形の存在に襲われてしまう。

命の危機に瀕したその時、目の前に現れたのは刀を持った少女。怪物とひとり闘う少女・乾駒子[CV:こたつみやこ]に康一は窮地を救われた。この出会いをきっかけに、非日常へと巻き込まれていく――。

今回お見せするビジュアルでは、ヒロインたちの日常風景や戦う姿を確認できる。さらに下のような、異形の怪物猟奇的な殺人鬼の姿も。爽やかな夏のデートシーンから一転、このようなおぞましい存在がヒロインに襲い掛かるといった恐怖も描かれるのだろうか?
201609_hgth_01_07 201609_hgth_01_08

駒子以外にも、兄である康一のことが大好きな妹や、とある依頼を受けて島を訪れた探偵といったヒロインたちが怪物騒動に巻き込まれていく。いずれも過去や内面に何かしらを抱えているらしく、怪物や危機と相対することでそれらとどう向き合うのか注目したい。

彼女たち本作のヒロインについては、次回の記事で紹介しよう。

<<ご購入はこちら!>>

製品仕様

タイトル:仄暗き時の果てより
発売日:2016年12月22日予定
価格:7,800円(税別)
ブランド:MOONSTONE
ジャンル:サスペンスホラーADV
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM
原画:桜坂つちゆ
シナリオ:呉

関連リンク
MOONSTONE
関連記事