このページのトップに戻る

怪物が潜む島に暮らす『仄暗き時の果てより』のヒロインたち

201609_hgth_02_01

謎の怪物の脅威が人々に襲い掛かるサスペンスホラー、MOONSTONEの最新作『仄暗き時の果てより』

本作の記事はこちら。
■少女は刀を手にして怪物を討つ『仄暗き時の果てより』

怪物と戦う少女との出会いをきっかけに、人ならざる者たちが棲まう禁断の領域へと足を踏み入れていく本作。今回は、その舞台にして主人公・康一の故郷でもある島で暮らす、本作の登場人物たちを紹介しよう。

乾駒子(いぬい こまこ)[CV:こたつみやこ]
島の学園に通う2年生。刀を手に、島に出没する「怪物」と死闘を続けている。性格はおとなしく、口調や態度は年齢不相応なほどに固い。夏休みにも関わらず制服を着ている理由は、「校則でそう決められているから」。血に濡れ涙を流す幼き彼女は、過去に起きたとある事件の日の姿。
201609_hgth_02_02

御城由乃(ごじょう ゆの)[CV:桃山いおん]
康一の妹。島の学園に通う2年生で、駒子とは仲よしのクラスメイト。見た目も言動も少々幼く、よくも悪くも天真爛漫なところがある。幼い頃からお兄ちゃん子で、島を出た康一の帰省を何よりも心待ちにしている。イラストの鏡に映る見知らぬ人物は、そんな彼女に何を語りかけるのか。
201609_hgth_02_03

真渋恵里(ましぶ えり)[CV:サトウユキ]
たったふたりで営んでいる、探偵事務所の所長(助手は事務所のバイトである康一)。元々島の出身で、とある依頼を受けて故郷に帰ってきた。物に残る記憶を読む、サイコメトリー能力を持つ。彼女はかつてその能力で親友が惨殺される光景を見てしまい、それ以来使用を控えているようだ。
201609_hgth_02_04

御城康一(ごじょう こういち)
本作の主人公。大学に通うため、東京で一人暮らしをしている。恋人を失ってからは島に寄りつかなくなっているものの、兄を想う妹のため休みの度に帰省はしている。慟哭する彼を描いたこの1枚、いったい何がここまで康一の心を脅かすのだろうか。
201609_hgth_02_05

<<ご購入はこちら!>>

製品仕様

タイトル:仄暗き時の果てより
発売日:2016年12月22日予定
価格:7,800円(税別)
ブランド:MOONSTONE
ジャンル:サスペンスホラーADV
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM
原画:桜坂つちゆ
シナリオ:呉

関連リンク
MOONSTONE
関連記事