このページのトップに戻る

【桜花通信】第壱回「桜花裁きとはなんぞや!」担当:海水塩湖

201610_okts_01_01

はじめまして、遠く出羽の国からこんにちは。『桜花裁き』のシナリオを担当しています海水塩湖です。この度は電撃姫.comさんにご協力頂きまして、メーカーコラムを月一で連載させて頂けることになりました。この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございます。

そういうワケで、こうして情報発信の場を頂けることになりました! わーい、やったー! このコラムでは『桜花裁き』に関係する様々な「ここだけの情報」「ここでしか見られない描き下ろしのイラスト」と共に綴っていきますので、どうぞよろしくお願いします!

さてさて『桜花裁き』ですが、電撃姫.comさんで色々と紹介されていたり、公式サイトも公開しておりますので知らない人は今すぐチェック! どんなゲームなのかはここで説明するよりも実際に見た方がわかりやすいかと思います。公式サイトの方では概要でGIFを用いてゲームシステムの説明などをしておりますので、是非閲覧してください。

ではさっそく、『桜花裁き』についてざっくりと紹介していきましょー!

江戸末期辺りの日本によく似た国、その中心である桜花町を舞台に物語は繰り広げられます。
201610_okts_01_02桜花町は、一年中枯れることのない桜が咲き誇っており、まさに国の中心に相応しい美しい町並みであります。桜はいつでも満開! いつでも花見し放題!
そんな町の安全を守るのは北町奉行所と南町奉行所という二つの町奉行所……のはずでしたが、忙しくて忙しくてたまらん、ということで新たに中町奉行所を新設することになります。
201610_okts_01_03

新設された中町奉行所の町奉行に任命されたのが、主人公である「大岡志明」であります。眼鏡とアホ毛が特徴的な真面目な青年です。読書大好き、趣味は将棋と見た目通り完全なインドア派。
201610_okts_01_04
大岡志明が頼れる仲間達と桜花町を舞台に様々な事件に挑み、ばっさばっさと言葉で悪人を斬り裁いていくのが『桜花裁き』でございます。

 

★キャラクターピックアップ
ここでは毎回、描き下ろしになったキャラクターをちょぴっと深く掘り下げて紹介していきます。公式サイトに載っていない情報もあったりしますよ!
では第一回目を飾るは黒髪ツインテを元気に振り回す努力の発明家、平賀理夢です。主人公である志明の幼馴染みで、誰よりも志明のことを知っています。志明も理夢のことはあれこれと知っており、お互いに勝手知ったる仲なのです。志明と時を同じくして中町奉行所に配属された理夢は、志明のよき相棒となって共に事件に挑んでいきます。そんな理夢ですが、腰回りにご注目。
201610_okts_01_05
金槌、さしがね、ペンチにスパナ、そして小道具満載のポーチを身につけています。そう、なにを隠そう理夢は超凄腕のからくり技師なのでございます! 人の役に立つからくりを作る為に、志明であれこれ実験してみたりなど危険な一面もあったり。彼女は努力の天才であり、決して諦めることをしません。座右の銘は七転び八起き。そんな理夢は物語中でも志明がヘタレそうになったら叱咤激励し、諦めることなく難解な事件に挑んでいきます。
よき相棒であり、心許せる幼馴染みの元気印、それが平賀理夢です。

 

では最期に、キャンペーン情報について。
現在『桜花裁き』ではTwitterフォロー&RTキャンペーンを実施しております。IRODRIのアカウントをフォローして頂き、対象のツイートをRTすると応募完了! 10月21日までやっていますので、まだの方は是非ともご応募ください。第一弾のプレゼントは平賀理夢のどでかいキャラクタークロスになります。高さ150cm横50cmというでかさ! すげぇ!
201610_okts_01_06
※上の画像は公式サイトからの切り抜きになります。詳細は『桜花裁き』の公式サイト→配布→TwitterRTキャンペーンから閲覧ください。

 

■次回予告
201610_okts_01_07
次回のコラムでは各人の部屋についてご紹介いたします。主人公達は日々生活しながら事件を解決していくわけで、日数が進めば部屋の私物が変わるのはもちろんであって…………この先は次回をお楽しみに! キャラクターピックアップは沖田紫乃を予定しています!
それでは、IRODORIの海水塩湖でした!

関連リンク
IRODRI
関連記事