このページのトップに戻る

蛇神により与えられる恐怖。BLACK Cyc復活の新作『コウミガミ』

201610_kugm_01_01

大正末期、瀬戸内海の小島「祈背島(いのせじま)」に、白蛇を多産の神「コウミガミ」として祀る「巳重神社(みかさじんじゃ)」があった。

現在の宮司は神蛇丞。ある日、コウミガミについて調べにきた学者を名乗る柳本国定が神社を訪ねにくるも、伝承を疎ましく思う丞は柳本を追い返してしまう。

同日、彼の叔母にして初恋の人、九鬼零佳も現れる。しかし丞は突然の来訪を不信がり、神社を乗っ取るのではないかと警戒する。

何かが起きつつある丞の日常。その時彼らを一匹の蛇が見つめていた。

主人公・神蛇丞
201610_kugm_01_05s

丞の妹・神蛇玲
201610_kugm_01_06s

丞の叔母・九鬼零佳

201610_kugm_01_07s

今年、10年振りに『EXTRAVAGANZA~蟲愛でる少女~』の新作を発売したBLACK Cycが、実に5年振りの完全新作を発表した。

残酷描写や異種姦に力を入れる本ブランドの新作は、おぞましい蛇神が登場するネオフォークロアADV『コウミガミ』

舞台は白蛇を奉る神社がある小島。そして神社の宮司、神蛇丞が本作の主人公だ。彼の父は亡くなっていて、母は夫の死から精神を病んでいる。

その母の世話に妹とふたり頭を悩ませていたところに、やってきたのが叔母の九鬼零佳。かつて丞は彼女に恋をしていたが、母親の姿から女性に不信感を抱き、零佳は神社を乗っ取りにきたに違いないと疑い始める。

ちなみに丞の母親は家事をいっさいせず、現在夫以外の男の子を妊娠中、陰険で体裁ばかりを取り繕い、子供たちは母に嫌悪感を抱き続けてきた。

このように、なんとも暗い状況にある丞たちの前に、蛇神コウミガミが試練を与えるためにと現れる。その姿は第一形態、第二、第三と変化するにつれて、邪悪な気配を感じさせる人ならざる姿へと変貌する。

コウミガミ[第一形態]

201610_kugm_01_02s

コウミガミ[第二形態]
201610_kugm_01_03s

コウミガミ[第三形態]

201610_kugm_01_04s

大量の蛇は間違いなくヒロインたちにいやらしいことを……。するだけでなく体内に入ったり食い破ったりすると思うので、そういったシーンに心ときめく人は本作に注目しよう。無数の蛇に絡まれるというのは、精神的に相当キツいことだろう。

なお本作にはヒロインとの恋愛以外に、神の怒りもエンディングを左右する重要な要素として用意されている。そして蛇神の望みとは「兄妹婚」。

丞は妹の身体を守るのか、それとも神の逆鱗に触れぬよう妹を抱いてしまうのか。無数のエンディングの先、到達する結末にはたして救いは……?

パッケージ版に豪華版と通常版の2種類を用意。豪華版には「設定資料集」や「BLACKCyc 描き下ろしカレンダー」が付属する。カレンダーには上田メタヲ氏、 椎咲雛樹氏、吉澤友章氏、金たロウ氏といったまさにBLACKなCycにふさわしい豪華イラストレーターのイラストを収録予定!

製品仕様

タイトル:コウミガミ~嘆き嗤う蛇神、妹なる者々が紡ぎし口碑~
発売日:パッケージ版2017年1月27日予定/ダウンロード版2017年3月10日予定
価格:パッケージ豪華版10,800円(税別)/パッケージ通常版8,800円(税別)/ダウンロード版8,000円(税別)
ブランド:BLACK Cyc
ジャンル:ネオフォークロアADV
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM/ダウンロード
原画:吉澤友章
シナリオ:芦澤夜呼夜
音楽:折倉俊則

関連リンク
Cyc
関連記事