このページのトップに戻る

エッチな写真で廃部から救え!?カメラ部の甘々青春『セルフレ』

201610_slfr_02_01

廃部寸前のカメラ部に所属する主人公。ある日彼は、ネットでエッチな自撮り写真を見かけ、写っているのが同じクラスの島村亜衣だと見抜く。そこで亜衣に写真を撮らせてほしいと頼み込み、いつしかふたりは身体まで重ね始めた。

そんな関係が続き、季節は初夏。ついに部は生徒会から廃部を言い渡されてしまう。カメラ部を救うため、彼らは何か実績を得なければいけない!
201610_slfr_02_02201610_slfr_02_03
201610_slfr_02_04
201610_slfr_02_05
201610_slfr_02_06

とにかくいちゃラブエッチな部活ライフが楽しめる、ヘクセンハウスの最新作『セルフレ』。主人公はカメラ部の部員、だけどただのカメラ好きじゃない、彼は部活動とは別にエッチな写真を撮りまくっていた!

ただし盗撮という意味ではない。肉体関係はあっても恋愛関係はない、被写体として最適なヒロイン・島村亜衣が彼のそばにはいる。亜衣は優等生で通っているものの、実は八方美人を演じていただけ。積もるストレス解消をするべく、エッチなポーズの自撮り写真をネットにアップしていた。いいぞどんどんやれ! なんなら動画もアップしよう!

軽率な自撮り写真が賞賛されると快感なんだろう? 主人公のカメラでもっとエロく写してもらえるのがいいんだろ? 写らないところでしっかりもっと過激なこともしちゃってるんだろ? 最高ですこのヒロイン。

と、それ以外のヒロインは残念ながらエロ自撮りの趣味はない。しかし心と身体を任せてくれれば、いつかエッチな写真を撮らせてくれるに違いない。ヒロインの好感度を上げつつ、高感度カメラを用意しておかねば。

亜衣はスマホカメラで満足、カメラ部部長の鮎川羽美はフィルムカメラ派でオールドレンズ漁りが趣味、新聞部の立川おるはは機動力重視のミラーレスカメラを使用、カメラ部新入生の春日絵莉はコンデジのみ。

このように本作のヒロインにはそれぞれカメラの好みが設定されている。ここでそんな彼女たちのキャラデザラフを掲載しよう。フレームに収める女の子のことをすみずみまで知っておくのは、エッチな撮影の礼儀だよ!

島村亜衣
201610_slfr_02_07

鮎川羽美
201610_slfr_02_08

立川おるは
201610_slfr_02_09

春日絵莉
201610_slfr_02_10

五十鈴伊緒
201610_slfr_02_11
※制作段階のラフデザインのため、ゲーム本編のキャラデザインとは異なる部分があります。

<<ご購入はこちら!>>

製品仕様

タイトル:セルフレ -セルフフレンド-
発売日:2017年2月末予定
価格:8,800円(税別)
ブランド:ヘクセンハウス
ジャンル:AVG
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM
原画:むちゃ/田口まこと(SD)
シナリオ:望月JET

関連リンク
ヘクセンハウス
関連記事