このページのトップに戻る

青春ライフに猟奇殺人事件!?エロくて格好いい『タンテイセブン』

201610_tnts_01_01

言問学園に通う主人公・比婆蛮悟(ヒババンゴ)。彼には仲間がいる。幼なじみのかすみ、親友の零士、その妹のまりや。

彼らは学園内に自分たちの城=部室をゲットするために「超妍」こと超常現象を研究するサークルを結成した(「超妍」なのは、かすみが「研」と「妍」を間違えたため)。

実績を積み重ねて正式な部への昇格を目指す蛮悟たち。そんな彼ら、超妍が行くところに不可思議な事件が巻き起こり、ついには連続猟奇殺人事件まで。現場には、いつも決まってぬいぐるみが残されていた。
201610_tnts_01_02
201610_tnts_01_03
201610_tnts_01_05201610_tnts_01_04

これまで多彩なジャンルのゲームを手掛けてきたDigitalCuteが次に挑戦するのは、ミッション解決型探偵アドベンチャー『タンテイセブン』。超妍の仲間たちと楽しい青春時代を送りながら、謎や事件といった「ミッション」を解決していこう!

超常現象を探求するメンバーたちは、彼ら自身も超常現象そのもの。そのほとんどが異能の力を持っている。例えば、主人公が持つ能力は他人の心の壁を可視化する「シナスタジアグラス」。彼は人の心を視認できる。心の動きを色として、心の弱い部分をガラスのヒビとして認識できるのだ。

この主人公の能力を駆使して、相手の嘘を見破り、事件解決へと導いていく本作。時にはエッチなことをしないといけないこともあり、マニアックでハードなシーンも。ええい望むところよ!

ただし猟奇殺人やドラッグ関連など危険な事件も発生する。そこに足を突っ込んで解決できなければおわかりの通り、大切な人がひどいめに遭ってしまう。その辺り、容赦はないのがさすがDigitalCute。
201610_tnts_01_06

超妍への依頼や事件の他をこなしていく中で、仲間たちとの恋愛や友情は深まっていく。ヒロインの悩み解決も大きな事件の手がかりになるかもしれない。平和を脅かす事件を疎かにはできないが、ヒロインたちとの「ミッション」も忘れないように。ひとりだけじゃ事件は解決できない!

そこで次の記事ではミッション解決の鍵、主人公の能力を用いたゲームシステムを紹介。「シナスタジアグラス」を駆使して真相を暴きだせ!

<<「豪華限定版」ご購入はこちら!>>
<<「初回限定版」ご購入はこちら!>>

製品仕様

タイトル:タンテイセブン
発売日:2017年冬予定
価格:初回限定版8,800円(税別)/豪華限定版18,800円(税別)
ブランド:DigitalCute
ジャンル:ミッション解決型探偵ADV
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM
原画:こうぐちもと/えきもち
シナリオ:嘘屋 佐々木酒人

関連リンク
DigitalCute
関連記事