このページのトップに戻る

【ハイレベルコラム】第2回「パッケージにこだわる10の理由」担当:憲yuki

201611_hlcm_02_01

こんにちは!
「あっぷりけ」&「暁WORKS」ディレクターの憲yukiです。

前回のコラムで沢山反響いただきました!
読んでいただいて、ありがとうございます。

色々なご意見いただいた中で、
「『ライトビジュアルノベル』はダウンロード販売の展開に向いているが、『月影のシミュラクル』と『緋のない所に烟は立たない』の2作はパッケージ販売なのか」という内容のご意見がいくつかありました。

大変鋭いです!

 

というわけで、今回のコラムでは
【僕がパッケージにこだわる10の理由】
をお届けしようかと思います!

結構、業界関係者の方も沢山見ていただいているという噂なのですが、業界関係者の方はきっとすぐにこう思われたことでしょう。

「大人の事情やろ?」

それもないとは言いません!

ないとは言いませんがそれだけじゃないというのも事実です。

 

ではまずダウンロード販売にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

最近はsteamによる販路拡大が特に注目されており、沢山のメーカーさんが取り組んでいらっしゃいます。
海外でもジャパニーズ「MOE」は大変好評で、翻訳作業は必要になりますがボイスはそのままが望まれています。

日本でも洋画は字幕の方がいいという方は沢山いらっしゃいますが、海外で萌えADVを制作している場合でも「ボイスは日本の声優さんで日本語で収録する」というケースは多いそうです。

海外でも萌え系の二次元キャラクターは日本の声優さんが合うと認知されているというほど、日本の声優さんの実力が世界的に認められてるというのは嬉しいですよね。

そんなメーカーさんの動きもあり、世界的に評価されるようになってきた萌えゲーにおいて、steamの販路拡大はやらない理由がないというほどメリットが大きいです。

そして高速通信が当たり前になった今の時代、ほしいと思ったときにすぐに購入してプレイできるのも大きなメリットです。えっちなゲームは急にプレイしたくなる時もよくあります。

またご家族(子供)がいらっしゃって純粋にパッケージを所持できない状況があったり、純粋にパッケージは嵩張るからいらない、という方もいらっしゃいます。

これだけのメリットがあるダウンロード販売ですので、各メーカーがいずれそこ中心になっていくのはやむを得ないことなのかもしれません。

もちろん、あっぷりけ&暁WORKSとしてもダウンロード販売をやらないというわけではなく、ダウンロード販売とパッケージ販売それぞれのメリットを明確にして、両方を展開していきたいという前提があります。

 

ではパッケージ販売のメリットとはなんなのか?

パッケージにはダウンロード版には無い魅力も沢山あります。

その魅力を活かすためにもパッケージにこだわる必要があるのです。

1.パッケージゲーム市場を縮小させたくない。
201611_hlcm_02_02
ダウンロードが売れているからといって、そこばかりに注視し、パッケージの付加価値を疎かにして、ダウンロード販売が主流という流れが加速してしまうと、結果、販売店さんが減り、パッケージの付加価値が失われていき、それもまた業界の衰退へとやがては繋がっていってしまいます。

2.流通さん、販売店さんに儲かってほしい。
201611_hlcm_02_03
パッケージゲーム市場を縮小させたくないので、当然流通さんと販売店さんに儲かってほしいと思います。なので(今の所)自社通販は行っていません。できるだけ、可能な範囲で恐縮ですが特典関係なども協力させていただきたく思いますし、ダウンロード版よりもパッケージの方が価値あるもの、というアピールは必要だと思っています。

3.パッケージには付加価値がある。
201611_hlcm_02_04
ダウンロード版を買ったゲームが気に入って、パッケージ版をあとから購入した、そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。パッケージ版というのはそれだけでも付加価値がありますが、ではパッケージなら何でもいいのかというとそうではないですよね。いつまでも所持していたい、そんなパッケージに仕上げる必要があります。

4.コレクションへの意欲を高める。
201611_hlcm_02_05
保管しておきたいと思うパッケージ。皆さんの中ではどんな物がありますでしょうか。面白かったゲーム、パッケージデザインが凝ってあるゲーム、色々あると思いますが「〇〇ブランドのゲームはパッケージで全部持ってる」や「〇〇シリーズは全部持ってる」というのは多かったりするのではないでしょうか。
ダウンロード版ではそのような気持ちを作ることは難しいですが、パッケージの場合だと「揃えたい」という気持ちを持っていただくことは大切です。
単行本では背表紙の絵が繋がる、なんていうのもありますよね。
そこまでやると揃えないと気持ち悪いレベルまで行ってしまうので途中から手に取りづらくなる難点もありますが、例えば同じブランドのゲームを買い続けて、あるとき保管しづらいようなパッケージを出した場合、それを手放そうと思った時にこれまでの作品も同時に手放そうという心理が働いてしまうときもあります。
「揃えたい」を大切にするためにはパッケージにこだわる必要があるのです。

5.ブランドイメージを高める。
201611_hlcm_02_06
そうしてパッケージにこだわることで「このブランドはパッケージ版を買うようにしてる」というブランド価値が生まれてきます。パッケージにこだわるということは同時にブランドの価値も高めることに繋がっていきます。

6.中古ゲーム市場への影響。
201611_hlcm_02_07
これは大変難しい話なのですが、購入者にとってダウンロードで買うよりパッケージで買うメリットとして一番大きいのは「売ることが出来る」というものだと思います。
しかし近年の不正ダウンロードは決して見過ごせるものではなく、各社対応を行っており、DRM(デジタル著作権管理)の仕様によっては、その中古の権利が失われている場合があります。これも時代の流れでやむを得ないというところもありますが、個人的にはパッケージゲーム市場を守るためにも中古ゲーム市場は大切です。その権利を失わないDRMを検討したいと考えていますが、こればかりはそれだけで判断できることでもないので、気概だけを言わせていただくと、ゲームの内容はもちろんのことですが、購入意欲が高まる価値あるパッケージを作りたいと思っています。

7.購入時の満足感。
201611_hlcm_02_08
もうはるか昔のように思えますが「データを買う」ということに違和感があると言われていた時代もありました。物として得たものがないと買った気にならない、というものなのですが、今ではすっかり射幸心により得られる幸福感に圧倒されているところがあります。だからこそ、お金を払って、得た物に対して、満足感が得られるようにするというのも重要なことです。
「ゲームが面白ければそれでいいんだよ」というのもよく言われるのですが、1万円を払って、DVD-ROMが1枚だけだと「これが1万円かぁ……」となってしまうのも事実です。それならダウンロード販売の方が圧倒的に良いという形にもなりかねませんので、パッケージそのものに購入時に即座に満足感を得てもらうような工夫は必要になってきます。

8.パッケージには一期一会がある。
201611_hlcm_02_09
今のこの大SNS時代、評判の良い悪いはすぐにわかりますし、どうせ買うなら評判の良いものを買いたいというのが人間です。ダウンロード購入や通販だと評判や人気ランキングなどをチェックして、予め買う予定の商品のみを買うことが多いと思います。
ですが、店舗にいくと様々なパッケージが陳列され、一度に色々な商品を目にすることが出来て、手に取ることができます。評判は良かったけど自分には合わなかった、そんな覚えがある方もいらっしゃると思いますが、エロゲはそれこそ趣味嗜好がダイレクトに影響します。みんなが大好きなアイドルも良いですが、近くにいる女性も意外と魅力的だったりすることもあります。ふと目についたそのタイトル、購入してみてはいかがでしょうか?
生涯の妻となるキャラクターに出会えるかもしれません。
出会えたら、その大好きをぜひツイートしましょう!

9.物として「在る」大切さ。
201611_hlcm_02_10
目に付く場所に保管していると、いつまでもその作品のことが記憶に残りやすくなりますし、どこかに仕舞い込んでいたとしても、何かのタイミングで目についたとき、「そういえばこのメーカーのゲーム好きだったなぁ、最近は何か発売したのかな」と気になるときもあると思います。パッケージとして所持してもらえることはダウンロード版よりもより強く印象として残ることができるのです。

10.幸せになりたい。
201611_hlcm_02_11
色々書いてきましたが、要は「幸せになりたい」んです。
なかなか「うちのおかげで儲かったやろ!?」みたいなことを言えるようなことは出来ていませんが、クリエイターさんの場合だとまた仕事を一緒にしていただけるのは最高に嬉しいことですし、流通さんや販売店さんに「ここのゲームは力を入れて売ろう!」と思ってもらいたいと思っています。
情けは人の為ならずと似たようなことではありますが、メーカーの都合だけではなく、クリエイターさん、流通さん、販売店さんにとっても良い作品を心掛けることは、巡り巡ってそれは自分に返ってくるように思います。

 

長々とお送りしました【僕がパッケージにこだわる10の理由】いかがでしたでしょうか。

今後はダウンロード市場がさらに伸びるのは間違いありません。

『ライトビジュアルノベル』はたしかにダウンロード市場向きです。

でもそれは今後パッケージ販売から離れていくための布石というわけでは決して無く、パッケージ販売をこれからも続けていきたい、だからこその『ライトビジュアルノベル』でもあるのです。

さて、次回からは普通にゲームの販促の話していいですかね!?

 

無料公開中のライトビジュアルノベルはこちら。
■あっぷりけ『月影のシミュラクル』本編無料公開
■暁WORKS『緋のない所に烟は立たない』本編無料公開

以前の記事はこちら。
■第1回「ライトビジュアルノベルについて」担当:憲yuki

関連リンク
あっぷりけ
暁WORKS
あっぷりけ&暁WORKSTwitterアカウント
関連記事