このページのトップに戻る

エロ撮影を実現させる主人公とは?『セルフレ』スタッフインタビュー

201612_intv_01_01

カメラ部の主人公に、自撮りが趣味のヒロイン? これはエロい展開にならないわけがない。と多くの人の期待を集めるヘクセンハウス『セルフレ』。そこで今回、ディレクターのMOJA氏、原画担当のむちゃ氏、シナリオ担当の望月JET氏の3人に直接本作について聞いてみました!

本作の記事はこちら。
■エッチな写真で廃部から救え!?カメラ部の甘々青春『セルフレ』

主人公がヒロインに色々注文を付けながら、エッチな写真を撮りまくってる映像が浮かびました。(MOJA氏)

かわいい子に意地悪(性的な意味で)されたい気持ち、すごくわかります。(むちゃ氏)

思い通りによい写真は撮れるわ、ハメ撮りまでさせてくれるわで、主人公ウハウハです。(望月氏)

 

いちゃラブたっぷり『セルフレ』
変態主人公によるエロに期待大!

――まずは本作の企画コンセプトについてお聞かせください。

MOJA 「今までの作品よりえっちに!」が企画当初より第一のコンセプトです。エッチシーンの割合が今までよりも多くなっていますので、むちゃさんの描く見応えあるエッチシーンや、いろいろなシチュエーションを楽しんでいただければと!

――本作の特色を挙げるとしたらどこでしょう?

MOJA 楽しくちょっとエッチなイベントを通して、ヒロインたちとの親密さが増していくところです。気持ちよくエッチシーンを楽しんでもらいたいですね。そのために主人公の忍は、個性を付けつつもプレイ中にイラッとさせない性格にしました。

――個性というのは具体的には?

MOJA 変態のドスケベです。

――ありがとうございます(笑)。主人公がエッチな写真を撮影、という設定もかなりインパクトありますね。

MOJA 前作の制作が終了した後、上からむちゃさんの同人誌を渡されつつ「この方が原画の企画考えて。あとエロく」とオーダーを受けまして、そこから「エッチシーンを多く作れる」「ヒロインと1対1になりやすい」「いちゃラブしやすい」「密室状態にしやすい」「その状況が既にややエッチ」という条件に合致する状況を考えていきました。

――そうして自然とエロい状況を探し求めた結果……。

MOJA 主人公がヒロインに色々注文を付けながら、エッチな写真を撮りまくってる映像が浮かびました。そこで、これを練ってみるか? と言ったのがスタートです。

――男の夢ですね。自撮り趣味のヒロインもおいしいです。

むちゃ 自撮りいいですよね~。大人になりきれない少女の「自分のかわいい姿を見てほしい。でもエッチすぎるのはダメ!」という少し煽られたら一線を越えてしまいそうな危うさがすごくいいです! 背景に映る部屋や小物がかわいらしいとさらによしです!

――わかります。エロくなくても自撮り行為そのものに興奮します。

MOJA プライベートの一面がわずかに見え隠れしたギリギリ感、いいですよね。

むちゃ 本作ではそんな自撮り娘とお近づきになれるということで、主人公が本当に羨ましい限りですね……。

――そんな主人公はカメラ部所属ということで、この部はどんな感じなのでしょうか?

望月 いつもゆるくてやる気なしで、それぞれカメラや被写体へのこだわりがあふれすぎてるただの変な人の集まりです。だけど撮影された写真は、息を呑むほど生々しくて、被写体の感情がにじみ出ている。普段、気付かない美に気付く。素人目に見てもわかりやすく高度な写真を撮るクラブ。そんな、努力しないでモテてるみたいな(笑)。

――思っていたより、しっかり活動している部なんですね。

望月 特に何もしてないように見えて、カメラ構えたらすごい、みたいな。カメラ部って何者!? というところもポイントです。

――次に、気になるエッチシーンについてお聞かせください。

MOJA 体位や構図がよりエッチになるよう指定したら、むちゃさんがそれを越えるエッチな絵に仕上げてくださいました。音声とシナリオが合わさったシーンをぜひ楽しんでほしいです。

――特にいちゃラブにチカラを入れているということで、その辺りいかがでしょう?

望月 いちゃいちゃです! 主人公と某ヒロインなんてもうデキちゃってる状態で(笑)。でもクールな付き合いなんです。お互い、気持ちの一線は越えないというか。でも主人公以外の人物との交流や、カメラ部という特殊な部活を通じて、今更なのにいちゃいちゃしていく。それまで越えなかった一線を越えそうになることで、ものすごくいちゃラブになります。

――某ヒロインというのは亜衣のことでしょうか?

望月 そこはやっぱり発売前なので伏せるということで……(バレバレですが)。他のヒロインもやはり、カメラ部という特殊な部活を通じて、写真撮られるのは嫌いだったのにだんだんと好きになっていく。同時に主人公の変態具合が快感になっていく(笑)という流れでいちゃラブしていきます。

むちゃ 描いたいちゃラブで気に入っているのは、ロリっ娘ヒロイン絵莉ちゃんのシーンです。彼女は実はちょっとS気があって、身長差30㎝はある主人公を優しくリードするんです。かわいい子に意地悪(性的な意味で)されたい気持ち、すごくわかります。
201612_intv_01_02

――ちっちゃい娘からの意地悪は、極上ですもんね。

むちゃ 逆にM気の強い金髪ツインテのおるはちゃんを、思いっきりかつ優しく攻めてふにゃふにゃにさせるシーンもあります。『セルフレ』ではいろんなエッチが楽しめます!
201612_intv_01_03

――この流れでむちゃさんに各ヒロインについてお聞きさせていただきます。まずは島村亜衣からお願いします。

むちゃ 見ていられるだけでもありがたいほどに、顔よしスタイルよしおっぱいすごくよし! とにかくすべてがエロいです。存在がエロい。男の理性が試されてしまいます。自分の魅力に自覚があるのが小悪魔的で……悔しいけどそこがまたいいんですよね……。今時の子らしいちょっと裏のある性格も含めて、知れば知るほど愛おしくなる女の子です。
201612_intv_01_07

――鮎川羽美についてはいかがですか?
むちゃ のほほんと少し地味めな見た目に反しておっぱいは学園一! 制服がはちきれそうです! 亜衣に負けないほどスタイル抜群な上、優しく癒し系な彼女は理想の女性そのもの。彼女のまわりはゆったりと時間が流れていて、いっしょにいてとても幸せを感じられます。そしてエッチも大きなおっぱいとムチムチな身体に癒されること間違いなしです!
201612_intv_01_08

――さきほど触れていただいた立川おるはについてお願いします。
むちゃ エッチなことは駄目! という割にエッチに興味深々、しかもドMでかわいい彼女。ちょっといたずらしてやろうかな……という気にさせられます。個人的に一番タイプの子です! 文句を言いつつも色々させてくれる、いつまでも初々しさが抜けないところがよいですね。設定にはないのですが、一番美脚に見えるように描いています。美脚! ニーハイ!
201612_intv_01_09

――脚に要注目ですね、次にロリっ娘の春日絵荊についてお願いします。
むちゃ とにかくかわいいです。小さくてぷにぷにで素直で一生懸命で時にドSで……。妹系? というか小動物系の彼女は、見た目に反してエッチはS気が出ます。このギャップがすごい! 描いていて「ああ……いい……」と思うほど、楽しそうに、優しくほほえみながら主人公を攻めてくれます。とにかく絵莉はかわいいので、M気がある人はもちろんですが、ない人でも楽しめるエッチになっています!
201612_intv_01_10

――五十鈴伊緒についてお願いします。
むちゃ ボーイッシュな女の子、だからこそ一番女の子らしさを感じられます! お人好しで世話焼きで、周りの為に自分がしっかり者にならなきゃと日々頑張っている子なので、たまに見せる弱い姿にとてもキュンとします。ぎゅっと抱きしめてあげたい、あげてください!! 亜衣達がスタイル抜群なせいで伊緒もスタイルいいのにちょっと気にしちゃってるところとか、かわいらしいですよね。
201612_intv_01_11

――ありがとうございました! ちなみに作中、エッチシーンの撮影はあるのでしょうか?

望月 当然あります! 最初はもちろん抵抗するんですが、主人公はあくまで芸術として撮影を頼みます。そしてモデルを褒めまくる(笑)。これはわざとじゃなくて、主人公自身が本気でこのモデルはすばらしいと、こういう所が特にいいと本音で褒めちぎるもんですから、モデルであるヒロインたちもまんざらでなくなり、「仕方ない、ちょっとだけだよ?」となるんですね。

――なるほど。てっきりエロい姿を記録したいと頼み込むのかなと思ってました(笑)。

望月 結果的には、思い通りによい写真は撮れるわ、ハメ撮りまでさせてくれるわで、主人公ウハウハです。

――創作欲と性欲を同時に満たせますものね! それでは最後に、皆さんから一言ずつお願いします。

MOJA 望月さんのシナリオ、むちゃさんの絵、そして声優さんによる演技で明るく楽しくエッチに仕上がっています。さらに店舗特典では自撮りをテーマに描き下ろしをさせていただきましたので、そちらもぜひよろしくお願いいたします。

むちゃ とにかく明るくエッチにを頭に入れて描かせていただいています。そしてなによりムチムチに! そんな女の子たちと楽しく青春できるのは『セルフレ』だけ! ぜひプレイして気持ちよくなっていただければと思います。

望月 ゲーム終了後、きっとあなたは「いーねいーねぇ! きゃーわいいねー!」とか言いながら身内なりペットなりを撮影していることでしょう。いちゃラブエッチはもちろんですが、カメラ部たちの通常シーンもゆるく楽しんでいただけたらと思います。
201612_intv_01_04 201612_intv_01_05 201612_intv_01_06

なお、12月22日より『ハメ撮りブロマイド5枚セット』配布キャンペーンが開始される。キャンペーンについてはこちらの記事をチェックしよう。

<<ご購入はこちら!>>

製品仕様

タイトル:セルフレ -セルフフレンド-
発売日:2017年2月24日予定
価格:8,800円(税別)
ブランド:ヘクセンハウス
ジャンル:AVG
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM
原画:むちゃ/田口まこと(SD)
シナリオ:望月JET

関連リンク
ヘクセンハウス
関連記事