このページのトップに戻る

主人公は女装音楽教師で女学生!『想いを捧げる乙女のメロディー』

201612_osom_01

主人公・雨桜みさきは、ドイツに留学しているピアニストの卵。ある日、日本で音楽教師をしている姉から、自分の代わりに音楽教師をやってもらえないかとお願いされる。

姉が勤めるリーリエ女学園には、楽器技師だったみさきの亡き父が手がけた唯一のピアノがあって、いつかそのピアノを弾くのがみさきの夢。そこで彼は父が残したピアノが弾けるかもしれないという希望を胸に、学園へと足を踏み入れた。
201612_osom_02201612_osom_03201612_osom_04201612_osom_05

女装して女学園に通う男の子とお嬢さまたちとの恋愛模様が描かれるensembleの乙女シリーズ最新作『想いを捧げる乙女のメロディー』

音楽教師としてリーリエ女学園にやってきた主人公・みさき。音楽に関して高い能力を見込まれた彼は実はまだ学生の身。それなら教師をしながら学生生活を過ごしたっていいよね。ところが彼の勤め先は、男子禁制のお嬢様学園だった。ならば答えはひとつ、「女装」するしかない!

そんなバカなと思っても、みさきには女装してでも学園に通う理由があった。父が残したピアノは、学園に在学する学生学園祭の時だけに弾くことができる特別なもの。しかも来年には博物館に寄贈されるので、ピアノを弾くのはこれが最後のチャンス。

じゃあやるしかないじゃないか!(女装を)

というわけで、みさきは父のピアノを弾く夢を叶えるため、つまりは学園祭で演奏するために、カルテットメンバーに選ばれようと頑張っていく。

そうして音楽を通し、お嬢様たちと友情(や愛情)を育んでいくみさき。女の子同士だもの、関係を築いていくうちにお付き合いへと発展することもあるだろう。でもそうなると女装教師学生の三重生活に、彼氏まで加わって四重生活!?

みさき自身は大変に違いないけど、おかげで私たちは上品に楽器を奏でるお嬢様たち(主人公含む)の姿を楽しむことができる。楽器とお嬢様、穢れのない雰囲気はただただ美しくてかわいい!

そんな音楽を愛するヒロインたちは次の記事で紹介しよう。

製品仕様

タイトル:想いを捧げる乙女のメロディー
発売日:2017年3月24日予定
価格:9,800円(税別)
ブランド:ensemble
ジャンル:お嬢様学園に女装して女教師をしながら通うADV
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM
原画:Hiten/kakao/師走ほりお/みこ
シナリオ:無義歩

関連リンク
ensemble
関連記事