このページのトップに戻る

PS Vita版発売!冬から春の不思議な純愛ストーリー『はつゆきさくら』

201701_hysk_01_01

主人公・河野初雪は白咲学園の3年生。進学校には珍しい不良生徒で、卒業が危ないと言われ今日も嫌々授業に顔を出す。

今年最初の雪が降った12月。初雪は真っ白なドレスを着た美しい少女と出会う。少女は一匹のウサギを探して街をさまよっていた。

一夜の不思議な出会い。そして数日後、ドレスの少女・玉樹桜が同じクラスに転校してきて……。
201701_hysk_01_02201701_hysk_01_03201701_hysk_01_04201701_hysk_01_05201701_hysk_01_06

SAGA PLANETSよりPC版が発売された『はつゆきさくら』が、このたびエンターグラムよりPlayStation(R)Vita用タイトルとして登場する。

本作の記事はこちら。
■『はつゆきさくら』PS Vita版発売決定!公式サイトが本日オープン
■Vita版『はつゆきさくら』限定版には綾のタペストリーとミニ色紙がセットに
■PS Vita版『はつゆきさくら』の描き下ろし店舗特典を公開!
■エンターグラム『はつゆきさくら』OPムービー公開

他人を寄せつけない不良主人公・河野初雪と彼を恐れない天真爛漫な転校生・玉樹桜。本作はふたりの出会いから始まる、不思議で心温まる純愛ストーリーだ。

卒業を控えた3年生の冬という半端な時期に転入してきた少女、玉樹桜。彼女は学園で初雪と再会してからというものの、なぜだか積極的に彼へと関わろうとする。

初雪に邪険に扱われてもなんのその。ところがエッチな話題は苦手で、セクハラ発言を受けると「ぴゃー」という奇声をあげて逃げ出してしまう!

そんな騒がしくもかわいい桜はこれまで学園に通ったことがないと言う。これまでどんな生活をしていたのか、なぜ卒業前に転入してきたのかなど謎が多い桜。彼女の過去に、いったい何が……?

不思議な桜をはじめ、他にも本作のヒロインは個性的な子ばかり。初雪のバイト仲間の浪人少女小坂井綾(こざかい あや)に、スケート場でよく練習をしている後輩のあずま夜(あずま よる)、自称不良の進路指導委員長東雲希(しののめ のぞむ)、ロシア発のお受験お嬢様でバイト先の居候シロクマ

桜と同様に、ヒロイン全員一筋縄ではいかない子揃い。彼女たちといっしょに初雪は、この冬から春の季節をどう過ごす?

「初雪から桜まで 卒業おめでとう」

©SAGA PLANETS/ENTERGRAM

タイトル:はつゆきさくら
発売日:2017年3月23日予定
価格:完全生産限定版7,980円(税別)/通常版4,980円(税別)/DL版3,980円(税込)
ブランド:エンターグラム
ジャンル:冬から春へ至る純愛ADV
年齢制限:全年齢/CERO:D区分(17才以上対象)
対応機種:PlayStation(R)Vita

関連リンク
『はつゆきさくら』公式サイト
関連記事