このページのトップに戻る

悪夢、未だ終わらず。『サクラノモリ†ドリーマーズ』に続編が登場

主人公・吹上慎司たち「サクラノモリ・ドリーマーズ」の活躍によって、桜之杜は平穏を取り戻す。ところがこの日々は長くは続かなかった。

街の住人すべてを取り込む、危険な赤い世界。街を守るため、愛する人を守るため、慎司たちはふたたび戦いに身を投じていく。

MOONSTONEが贈る、ダーク系の学園アクションスリラーアドベンチャーゲーム『サクラノモリ†ドリーマーズ』。その続編、『サクラノモリ†ドリーマーズ2』が発表された。

本シリーズの記事はこちら。
■人の夢に怪異が潜む。呉氏シナリオ『サクラノモリ†ドリーマーズ』
■非日常に挑む『サクラノモリ†ドリーマーズ』の少女たち
■MOONSTONE『サクラノモリ†ドリーマーズ』体験版1公開
■MOONSTONE『サクラノモリ†ドリーマーズ』OPムービー公開

今作ではアフターストーリーとしてヒロインたちとのエンディングのその後が描かれる……わけではなく、誰とも結ばれないまま2学期を迎えたところから物語は始まる。

そこから「メインルート」と「まどかルート」が交互に描かれ、リンクしていくとのこと。過去と現在を交互に描いた『あした出逢った少女』を処女作とする本ブランドが、本作品をどう仕上げるのか注目したい。

サクラノモリ・ドリーマーズの活躍により、人の夢に巣食う怪異から彼らの街・桜之杜は救われた。次に彼らに襲いかかるのは正体不明の赤い夢。

夢の中ではすでに死者と噂される殺人鬼がうろついていて、いつ誰が殺されてもおかしくはない状況が続く。所詮は夢、と侮ってはいけない。この赤い世界で死んだ者は、現実世界の死を招いてしまうのだから。

サクラノモリ・ドリーマーズと化け物や殺人鬼と戦いの日々。そして一方で描かれる、主人公と秋津まどかとの日常。それは甘美な夢に過ぎないのか、行きつく先は悪夢なのか、赤い世界と何か関係があるのか。

夏の終わりに、新たな悪夢が少年少女たちを飲み込む。再度怪異に立ち向かい、彼らはきっと思うだろう。夢のままで終わらせられない、と。

製品仕様

タイトル:サクラノモリ†ドリーマーズ2
発売日:2017年7月28日予定
価格:7,800円(税別)
ブランド:MOONSTONE
ジャンル:学園アクションスリラーADV
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM
メインキャラクター原画:やまかぜ嵐
サブキャラクター原画:桜坂つちゆ
シナリオ:呉

関連リンク
MOONSTONE
関連記事