このページのトップに戻る

少女と感情人形との物語。Key15周年タイトル『Harmonia』が5月一般販売!

遠い未来の話――。

大気は灰色に汚れ、大地には生命の芽吹きが途絶え、水は干上がっている地球。人口は激減し、ニンゲンたちは今日を生きるために身を寄せ合って暮らしていた。

そんな時代の中、感情人形(フィロイド)と呼ばれる感情機能を持った少年型ロボットが朽ちた施設で目を覚ます。ところが彼には感情機能が欠落していた。感情を得るために彼は荒廃した世界を歩き続け、やがてひとりの人間の少女に出会う。

昨年のコミックマーケット91にて先行発売されたKeyの15周年メモリアル作品『Harmonia』。本作のパッケージ版が5月に一般発売が決定した。

同ブランド『planetarian』を彷彿とさせるロボットと人間との物語ということで、感動的なストーリーに期待が膨らむ本作。少年型のフィロイド・レイと、彼を人と同様に扱う人間の女の子との物語が描かれる。

本来感情を持つフィロイドでありながら、感情機能に欠落が生じているレイ。しかも制作途中で放置されたのか、人工皮膚に覆われているはずの右手は機械の骨格が剥き出しのままだった。

そんな彼が出会うのは、感情表現豊かな女の子・シオナ。彼女に拾われてからレイは、少しずつ人間の感情を学んでいく。

主人公の視点で描かれるノベル作品であるため、彼が何を考え、何に気づくのか、地の文から察することができる点に注目したい。感情を学んだ先にレイは、人間たちに対して何を思うのだろうか。

 
【ヒロイン】
思いを歌に乗せる少女
シオナ(CV:水橋かおり)
フィロイドを拾い「レイ」と名付けた少女。「町」として機能する集落の教会で暮らし、いつも微笑みが絶えない彼女は周囲に安らぎを与えている。人の気持ちや感情を色や形で表現することが多い。歌うことが好き。

図書館の青い少女
ティピィ(CV:久野美咲)
町の図書館に住む少女。書物がほぼ電子化された時代に、紙の本が保管される不思議な場所で暮らす。シオナは彼女のことを「青い子」と称し、町の人たちは誰も彼女に近づこうとしない。なぜかいつも泣いている。

製品仕様

タイトル:Harmonia
発売日:2017年5月26日予定
価格:5,600円(税別)
ブランド:Key
ジャンル:キネティックノベル
年齢制限:全年齢対象
メディア:DVD-ROM
企画:魁
原画:樋上いたる
シナリオ:中村綴/魁

関連リンク
Key
関連記事