このページのトップに戻る

【ハイレベルコラム】第10回「エロゲディレクターになる方法」担当:憲yuki

あっぷりけ、暁WORKSのディレクター憲yukiです!
まわりがcharacter1で盛り上がる中、ハイレベルはマチ☆アソビvol.18の参加を計画しています。
色々絶賛企画中ですので参加されるご予定の方はぜひご期待ください!

そして1月に発売しました『緋のない所に烟は立たない-緋修離と一蓮托生の女たち-』がDMMさんでダウンロード販売を開始しておりますが、4月14日から『月影のシミュラクル-解放の羽-』のダウンロード販売も開始になります!

現在ご予約受付中で4月23日いっぱいまでは15%OFFとなっておりますので、ご興味ありましたらこの機会にぜひいかがでしょうか。

『緋のない所に烟は立たない-緋修離と一蓮托生の女たち-』ダウンロード購入ページ
http://dlsoft.dmm.co.jp/detail/akbs_0077/
※18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。

『月影のシミュラクル-解放の羽-』ダウンロード購入ページ
http://dlsoft.dmm.co.jp/detail/akbs_0078/?i3_ref=search&i3_ord=1
※18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。

そして『月影のシミュラクル』はLINEスタンプの販売も開始しました! 使いどころが限定されすぎているネタっぽいのから使いやすいのまで色々揃ってますのでぜひ使ってみてください!

僕のお勧めは使いやすさ抜群の「カードいっかつで」です。

ここまで書いてタイトル詐欺みたいになっていることに気が付きましたが、ハイレベルの発売ラッシュも落ち着きましたので、たまには販促と関係ないことも書いてみようかなと思います。

エロゲー業界全体が最近厳しいということはよく言われますが、それでも嬉しいことにこの業界入りを目指したいというお話をいただくことがあります。

厳しい状況だからこそ新しい力が求められていますので、「それでも俺がなんとかしてやろう!」という方はぜひ業界発展のためにその力をお貸しください!

でも原画家やシナリオライターの募集は見かけても、ディレクター募集を見ることは少なく、ディレクターになりたいと考えても「実際どうやったらなれるんだろう?」と疑問に思ってる方も多いと思います。

ゲーム制作体制には色々ありますが、最近では企画者が原画家さんの場合は原画家さんがディレクションをしたり、企画者がシナリオライターさんの場合はシナリオライターさんがディレクションをしたりすることも多いです。

なので、ディレクター専属、というのはかなり減っていますが、その中でもディレクターになる方法を挙げてみたいと思います。

1.求人に応募する
「だからそれがないって言ってるだろ!」
と思われましたか!?
安心してください。
あかべぇそふとつぅでディレクターの求人がありました!
http://www.akabeesoft2.com/recruit.html#recr_deta02
※18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。

なんと未経験者可です!
でも書いてあることは何やらハードルが高そうに見えますね。
ディレクション業務はスケジュールを管理して、製作チームをまとめることが主な仕事ですので、自分が何かに関して遅れずに間に合わせた実績や、何かの活動でリーダー的なことを最後までやり遂げて出した結果などをまとめると良いかもしれないですね。
我こそはという方は応募検討してみてください。
ちなみに僕はあかべぇに入社前はそういった実績は何もありませんでした……。
そんな場合はどうしたらいいかは次の項目で書きたいと思います。

2.エロゲ業界の人と知り合いになる
ディレクター職はもしかしたらこれが一番多いかもしれません。
ディレクターというのは「自分がどういう人間なのか」というのを雇用側によく知ってもらう必要がありますので、面接と書類だけでそれを伝えるのはとても難しいです。
でも業界内ではよくディレクターがほしい、という話は出たりしますので、外注ディレクターとして僕に発注していただけるメーカー様のお話をお待ちしております。

すみません、話が逸れました。
そんなわけですので、元々付き合いのある関係からディレクターになるというのはよくあるようです。
僕も実は某オタク系ショップのアルバイト店員でした。
将来エロゲ業界で働きたいと思っていましたが、特に何も実績がなく、福岡に住んでいたこともあって、複数社面接を受けるというのも難しい状況でした。
まずはエロゲ業界の方と関われたらという思いから、オタク系ショップでアルバイトをしようと考えて、面接の時点でその話をしました。
面接の時点でそういう話をすると受かりづらくなっちゃうかもしれませんが……。
でもこれは僕の例ですが事前に話をしておいたおかげで、そこをきっかけに早い段階であかべぇそふとつぅ代表取締役のミマスさんに出会うことができて今があります。
まずはそういったところで働く、というのも遠回りに見えて案外近道なのかもしれません。
ちなみに僕はあかべぇそふとつぅから5年前に独立して『株式会社ハイレベル』を設立したのですが、その時に独立してもあかべぇそふとつぅのブランドだった「あっぷりけ」、「暁WORKS」をそのまま続けさせてもらえることになりました。

他にも「てぃ~ぐる」「COSMIC CUTE」「Nostalgic Chord」も同じですね。
最初は同じ会社でやっていた仲間なので、独立したらみんなバラバラになるのではなくて、姉妹ブランドとしてお互い協力していこうということで、一緒にイベントをしたり、シークレットシートという特典を共通させたり、ということをしています。

みんな福岡にいて、お互い協力しやすい環境ということもあるので、最近行ったコンプリートサウンドBOXの企画などもできたりするのです。

コンプリートCDBOX企画
http://www.akabeesoft2.com/

でも会社自体は別になっていますので、同じあかべぇ姉妹ブランドでも方向性や目指す展開などは会社それぞれ違ったところもあります。そういうところを見ていただくのも面白いかもしれません。

次回のコラムは『マチ☆アソビvol.18』レポートと『エロゲディレクターのお仕事』のどちらが良いでしょうか!?

ツイッター投票で決めようかな?( ?ω? )

 

以前の記事はこちら。
■第1回「ライトビジュアルノベルについて」担当:憲yuki
■第2回「パッケージにこだわる10の理由」担当:憲yuki
■第3回「続・ライトビジュアルノベルについて」担当:憲yuki
■第4回「10周年ライブイベントやります!」担当:憲yuki
■第5回「マスターアップ間近!」担当:憲yuki
■第6回「『スイセイギンカ』体験版公開中!」担当:憲yuki
■第7回「5分でわかる!『スイセイギンカ』」担当:憲yuki
■第8回「電撃姫連動企画で限定ボイスを聴こう」担当:憲yuki
■第9回『スイセイギンカ』レビュー掲載します!担当:憲yuki

関連リンク
あっぷりけ
暁WORKS
あっぷりけ&暁WORKSTwitterアカウント
関連記事