このページのトップに戻る

妹にしては歳が離れすぎ、娘というには近すぎる。ねこねこソフト『ルリのかさね』

舞台は現代、郊外にある小さな神社。

神社の神主の一人息子として育った主人公。彼は高校生の時に親戚の子・初駒ルリと出会い、ケンカをしながらも次第に仲よくなっていく。

ところがある日ふたりは、事故で両親を同時に失ってしまい……。

身寄りを失った主人公と少女がふたりきりの家族となって絆を育む、ねこねこソフト最新作は『ルリのかさね ~いもうと物語り~』。郊外の小さな神社を舞台に、このふたりの日々を中心とした物語が描かれる。

本作はプロローグルートからスタート。ここで主人公は初駒ルリ(はつこま るり)という歳の離れた少女と運命的な出会いをし、それからの約10年間を共に過ごす。このプロローグルートをいかに進めるかによって、以降のストーリーが分岐していく。

その先にはもちろんルリとの物語もあれば、幼なじみの柚子希佑咲(ゆずき ゆら)やバイト学生の菊正宗依知子(きくまさむね いちこ)の物語も用意されている。中でもルリは特別で3つのルートに分岐する。

この歳の離れた義妹のルリ。ちっちゃな姿はプロローグだけかと思いきや、実は現代編になっても見た目に大差がない。これは妹を愛でたいタイプのお兄ちゃんにたまらない存在のはず。

やがて歳月によって培われた絆が順当に愛を結ぶかもしれないし、萌えエロ満載のいちゃいちゃ兄妹ライフになるかもしれない。そこはふたりが過去をどう過ごすか次第。

兄妹というには歳が離れすぎている。だけど親子というには近すぎる。このふたりが選ぶ未来から、目が離せない!

製品仕様

タイトル:ルリのかさね ~いもうと物語り~
発売日:2017年8月25日予定
価格:8,800円(税別)
ブランド:ねこねこソフト
ジャンル:AVG
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM
原画:秋乃武彦/生名多聞
シナリオ:片岡とも

関連リンク
ねこねこソフト
関連記事