このページのトップに戻る

11人の原画家が11人のヒロインを描く!シリーズ最新にして最終作『BALDR BRINGER』


「お願い! 成功してっ!」

彼女の叫び声とともに「彼」は目を開いた。すぐさま、ふたりを取り巻くように出現したウイルスが迫る。

「僕は君を助けようと思う。それでいいかな」

数分の後、敵機を殲滅した彼に少女は語り掛ける。彼が疑似生命体であること、自分がエリスというこの世界の元管理者であること。そして祝福するように告げた。

「ようこそ、仮想世界(バーチャルワールド)VERTEX(ヴァーテックス)へ!」

TEAM BALDRHEADが生み出すメカバトルアクションゲーム、戯画の『バルド』シリーズ最新作がいよいよ発表された。最新作にして、驚愕のシリーズ最終作。その名は『BALDR BRINGER(バルド ブリンガー)』

本シリーズの記事はこちら。
■『バルド』シリーズ最新作は兵装少女と共に戦う『BALDR HEART』!
■『BALDR HEART』をさらに遊び尽くすアペンド作品が今月発売!
■『BALDR SKY』が最新OS対応の期間限定特別価格で発売決定!

シリーズおなじみの戦闘用電子体・シュミクラム。今作の主人公はこのシュミクラムそのもので、人間ではない。生みの親のエリスから「不二」と名付けられた主人公は、戦うために生み出され仮想世界を駆け巡る。

エリスが仮想世界の管理権限を取り戻すために、10のエリアで戦う主人公。そこにはそれぞれの、つまり10人の管理体と呼ばれる少女が待ち受けている。

彼女たちを倒して兵装を譲り受けた後は、かわいい少女たちと仲よくなって個別のストーリーを楽しもう。そうとなれば武装だけじゃなく、エッチの準備も万全にしておかないとね。

そしてエリスを含めた11人の女の子たちは、11人の人気作家が1キャラずつ作画を担当。異なる個性をもったヒロインたちが、華やかにゲームを彩ること間違いなし。

おっと美少女も大事だけど、爽快なメカアクションも気になるところ! シリーズで培ってきた斜め見下ろし視点のアクションをベースに、今作では戦闘や育成システムが一新されるとのこと。

新システムやゲーム画面についても、今後電撃姫.comでお伝えしていく予定。続報をお楽しみに。

製品仕様

タイトル:BALDR BRINGER
発売日:2017年10月27日予定
価格:初回限定生産版9,800円(税別)/Hotdogger Edition18,500円(税別)
ブランド:戯画/TEAM BALDRHEAD
ジャンル:サイバーパンクアクションアドベンチャー
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM
原画:あめとゆき/アルデヒド/石神一威/うすめ四郎/菊池政治/きのこむし/蔓木鋼音/緋ノ丘シュウジ/みやま零/もとみやみつき/夜ノみつき(50音順)
シナリオ:科/企画屋

関連リンク
戯画
関連記事