このページのトップに戻る

『夜巡る、ボクらの迷子教室』に登場するワケありヒロインたちを紹介!

夜間学校に通う生徒たちと教師との青春ストーリー、SAMOYED SMILE最新作『夜巡る、ボクらの迷子教室』

本作の記事はこちら。
■ワケあり少女たちと送る学園青春物語『夜巡る、ボクらの迷子教室』

今回の記事では、藤原学園に通う3人のヒロインたちを紹介しよう。併せて、心に傷を持つ女の子たちの内面を少しだけお見せする。

小清水はやて(こしみず はやて)
藤原学園の問題児。「別に」が口癖で、いつもツンケンした態度を取る。他人を信用しないはやては、人との関わりを避けてひとりでいようとする。その割に感情が顔に出やすく、何を考えているのかわかりやすい。

「は? 別にあんたには関係ないでしょ」

人との関わりを避けるはやて。どうやら家庭の中に自分の居場所を感じられないようで……。

「あたしは家族で…ふつうの家族の一員として認めてほしいだけなのに」
新島きな(にいじま きな)
昼間は店員として働く、饅頭屋のひとり娘。優しく人懐っこく、料理上手と男性の理想像タイプ。ただ、勉強は大の苦手。本人いわく、「馬鹿すぎて学園にきた」とのこと。くまのぬいぐるみとお話する癖がある。

「あ……。見た目こわそー、でも意外とスクールウォーズー、ですね?」

実は暗い記憶を持つきな。普段の笑顔とうってかわって、その顔を絶望の色に染める時がある。

「いつかきっといつかきっとって、ずっと覚えていたのに、なんでわたしだけ……。」
門倉りこ(かどくら りこ)
健気で明るい、お母さん大好きっ子。母の門倉綾子は生徒のひとりで、共に教室に通う。他人を困らせるようなわがままを言わず、母のために家事や身の回りのことを手伝うなど、気遣いができるよくできた女の子。

「はいはーい!! りこその問題わかるよ!!」

しかしりこの心に重く残るのは、小さな身体からは予想もつかないほどの大きな不安だった。

「お兄さん、りこっておかしいんですかね……?」

それぞれに理不尽な境遇、不幸を経験してきたヒロインたち。主人公は彼女たちを支えられる教師になれるのか? そして彼もまた、幸せを掴むことはできるのだろうか?

製品仕様

タイトル:夜巡る、ボクらの迷子教室
発売日:2017年秋発売予定
価格:8,800円(税別)
ブランド:SAMOYED SMILE
ジャンル:わけありな生徒たちと送る青春ADV
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM
原画:健やか牛乳/2-G/赤木リオ/Yむぎ
シナリオ:porori/画用紙/御導はるか/シャア専用◎

関連リンク
SAMOYED SMILE
関連記事