このページのトップに戻る

【4夜連続特報!】陸上娘に委員長にアーティストに……バラエティ豊かな『金色ラブリッチェ』サブヒロイン

未来の紳士淑女を作る学園が舞台のSAGA PLANETS最新作、『金色ラブリッチェ』。メインヒロイン紹介に続いて、ここでは物語の脇を固めるサブヒロインたちを紹介する。

■栗生茜(くりゅう あかね)
主人公たちの1学年下で、陸上部所属の熱血少女。猪突猛進にして不器用、考えるならまずやってからというスタンス。なにごとも気合いと根性で乗り切る! しかし意外と押しには弱くて、すぐにあうあうする。寮のみんなからはマスコット的な扱いで、玲奈にいじられ、シルヴィにかわいがられている。

■城ヶ崎絢華(じょうがさき あやか)
主人公のクラスの委員長。とあるテレビ局の社長一族で、成金お嬢さま。物腰は柔らかいが極度のドSで毒舌、庶民を見下している。主人公や玲奈といった庶民はみなノーブル学園からいなくなってほしいと思っている。なにげにスリーサイズが「89・60・90」で、エルに次ぐ巨乳でありつつお尻も大きい。が、デカ尻に言及するとガチギレする。

■カミナル・ル・プルテア・ソルティレージュ・シスア
シルヴィの妹で、ソルティレージュ国の第10王女。愛称は「ミナ」。相手を庶民や貴族と言った身分で格付けせず、人間性で判断する眼力の持ち主。が、だらしない主人公は眼鏡にかなわなかったらしくあまり好かれてはいない。姉のためにも彼のだらしなさをただすため、色々と世話を焼いてくれることに。

■マリア・ビショップ
主人公が大ファンのアーティスト。芸能事務所には属しておらず、ネット発信ではあるが、CDの売り上げはミリオンに近づくほど。最後の歌姫と呼ばれるが、歌以外のあらゆる情報がシャットアウトされている。ネットの特定班により、ノーブル学園の近くに住んでいるだろうことが分かっている。

明日、9月17日(日)夜公開予定の記事では、ぴこぴこぐらむ先生が手がけるSDキャラを紹介する。

製品仕様

タイトル:金色ラブリッチェ
発売日:2017年発売予定
価格:8,800円(税別)
ブランド:SAGA PLANETS
ジャンル:AVG
年齢制限:18禁
メディア:DVD-ROM
原画:ほんたにかなえ/とらのすけ/ぴこぴこぐらむ(SD)
シナリオ::さかき傘

関連リンク
SAGA PLANETS
関連記事